b層とは・・・b層(ビーそう)とは、小泉政権当時に「具体的なことはわからないが、小泉純一郎のキャラクターを支持する層」と定義されています。「みんながそうだから、なんとなくそう思う、テレビでいってたよ。そうなんじゃないの〜〜」という感覚で生きている人のことです。b層(ビーそう)は、自分がb層(ビーそう)だと気づいていません。そういう私も、つい最近までb層(ビーそう)でしたから・・・

覚醒の時・・・私はあるきっかけで覚醒することができました。その一つがニック・ロックフェラーと親交のあったアロン・ルッソ監督のインタビューです。これをきっかけに、アメリカ同時多発テロ911の真実を知り、私たちを支配する金融ユダヤ人の実際の組織CFRや、その創設者ロックフェラーを知るに至りました。ここで、リチャードコシミズ先生を紹介します。リチャードコシミズ先生の言説!『イルミナティだとか、フリーメーソンだとか・・・ CFR』 1/2 120128 は、より詳細に、より具体的に、真実を明らかにしてくれることでしょう。

日本における支配構造・・・世界の支配は一部のユダヤ金融資本(ロックフェラーCFRなど)ですが、日本においてはどうでしょうか?日本でも、ユダヤ人の手先として、ユダヤ人にしっぽを振りまくる犬たち(売国奴)が大勢います。ユダヤ金融資本にぶら下がった裏社会のマイノリティー勢力が、日本という国を完全に支配しています。我々は彼らの存在とその支配の歴史を正しく知ることが大切です。リチャード・コシミズ先生の言説(テーマ:児玉誉士夫)

第3回不正選挙・・・あなたの周囲に自民党に投票した人いましたか?自公で300議席を超える比率で、圧倒的に人気があったようですが・・・これ、本当でしょうか?私は信じられません。2014年12月14日の選挙は、第3回目の不正選挙でした。期日前投票箱のすり替え、偽票書きの事実(内部告発)、集計過程での改竄、つじつま合わせの白票投入、投票数より集計数が多い、などなど、次々に不正の事実が明らかになっています。不正選挙=国家転覆罪=死刑に値します。そうして誕生した安倍政権は、まさに、やりたい放題・・・TPP、消費税10%、集団的自衛権、秘密保護法案・・・息子を戦争で犬死させたくなかったら、あなたが行動するしかありません。2015年はb層の大覚醒の年としなければなりません!!たちあがれ、覚醒b層の世直しを!!

【覚醒b層の世直しブログ 注目の最新ニュースRSS】

2014年10月31日

牛乳有害説??「牛乳の飲み過ぎが健康に悪い」とするスウェーデンの研究結果に対し、自民党農林議員が困惑している。研究チーム自らが「偶然の可能性も排除できない」としているにもかかわらず、インターネットなどで大きく報じられたため。


引用:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6136812
「牛乳の飲み過ぎが健康に悪い」とするスウェーデンの研究結果に対し、自民党農林議員が困惑している。研究チーム自らが「偶然の可能性も排除できない」としているにもかかわらず、インターネットなどで大きく報じられたため。過去にも「牛乳は有害」という誤った情報が流布され、消費の減少につながったことがあり、「正確な情報を発信すべきだ」との声が上がる。(日本農業新聞)
引用おわり

乳製品は、ホルモン系の成分による乳がんなどのリスクがあると聞いたことがあります。
牛乳の摂取量の多い酪農国家が発症率が高いなどのデータもあるようです。
牛乳だけでなく、乳製品全般になるのですが、
気にしだしたら何も摂取できなくなります。
僕の考えでは、コンビニ弁当が一番最悪で、
牛乳はまだ健康な食品の部類ではないでしょうか?

諦貴

posted by 諦貴(たいき) at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「もし、ロシアが米国にスノーデン氏を引き渡さなければ、対ロシア制裁提案の用意がある」と述べた。 また同じく共和党選出のボブ・コーカー上院議員は「ロシアがこの問題に関し米国との協力を拒否した事は、ホワイトハウスの弱さを示すものだ」と指摘した。


引用:http://japanese.ruvr.ru/2013_06_28/116796143/
27日、米国共和党選出のリンジー・グラハム上院議員は、雑誌「Newsweek」のインタビューに応じた中で「もし、ロシアが米国にスノーデン氏を引き渡さなければ、対ロシア制裁提案の用意がある」と述べた。
また同じく共和党選出のボブ・コーカー上院議員は「ロシアがこの問題に関し米国との協力を拒否した事は、ホワイトハウスの弱さを示すものだ」と指摘した。
さらに上院軍事問題委員会の委員長を務める民主党選出のカール・レヴィン上院議員は「スノーデン事件は、米ロ関係のさらなる冷却化をもたらすだろう」との見方を示している。
エドワード・スノーデン氏は元CIAの職員で、米国特務機関の秘密プログラムの詳細を暴露し、米国から香港に逃亡、その後、モスクワに到着した。現在スノーデン氏は、モスクワ「シェレメチェヴォ」空港のトランジット・エリアのいると見られている。米国は、氏を引き渡すようロシア側に求めたが、ロシア当局は「当該の人物は、トランジット・ゾーンに留まり国境を越えていない」とし、そうした要求を斥けた。
引用おわり

スノーデンによる911の暴露が始まると、
全世界から非難の的となり、
ドル崩壊を招くため、
アメリカは必至ですね。
ロシア側もトランジット・エリアなので
国境を越えていないと、
なかなかしたたかな構え。
いいですね。
ロシアの外交カードの一つとなって
どんどん、無言のプレッシャーをかけてゆくのがいい。
さすが、プーチン大統領ですね。

諦貴




posted by 諦貴(たいき) at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

NATOは声明を出し、EU上空で28日と29日、ロシア空軍が異常に活発な動きを見せた、と述べた。 声明にはこうある。「NATOはロシア軍機の4つのグループを発見・追跡した。これらグループはバルト海、北極海、大西洋、黒海上空のEU領空内で28日および29日、軍事演習を行った。EU領空内におけるロシア軍の、大規模かつ異常に活発な動きである」。



引用:http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_30/279396626/
9AP10012315959.jpg
NATOは声明を出し、EU上空で28日と29日、ロシア空軍が異常に活発な動きを見せた、と述べた。
声明にはこうある。「NATOはロシア軍機の4つのグループを発見・追跡した。これらグループはバルト海、北極海、大西洋、黒海上空のEU領空内で28日および29日、軍事演習を行った。EU領空内におけるロシア軍の、大規模かつ異常に活発な動きである」。
ロシア軍の動きに応じてノルウェー、英国、ポルトガル、ドイツ、トルコが戦闘機を発進させた。「ロシア軍はしばしば飛行計画の提出を怠る。そのため、ロシア軍のフライトは民間航空にとっての潜在的脅威である」とNATO声明。
一方のロシア国防省は、これまで度々、航空機のフライトは全て中立水域上空の利用に関する国際条約を厳格に順守しており、他国の国境は侵犯していない、と主張している。
引用おわり

ロシア軍の動きが活発なのは、
邪悪な勢力の動きが活発だからじゃないんでしょうか?
我々日本でも、ロシア軍の飛行機が偵察をしたり、
その動きが確認された時は、どこか不明な潜水艦が、
なんかあやしい作業を海底で行っていたりする。
まさに、311の再来がないよう、
ロシアが日本近海も見張ってくれている。
怪しい動きを事前に察知し、知らせてくれる。
間接的に守ってくれていると思います。
ありがとう。プーチン。
ユダヤ金融資本の悪魔は、
そろそろ観念して、全員逮捕されちゃってください。

諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

プーチンをアメリカ大統領に??|米紙ヴェテランズ・トゥデイに架空の市民団体「プーチンを大統領に」による米国のロシアへの編入ないしウラジーミル・プーチンの米国大統領への選出の願いが報じられた。ユーモア記事。



引用:http://japanese.ruvr.ru/news/2014_08_17/276044886/
9putin-obama.jpg
米紙ヴェテランズ・トゥデイに架空の市民団体「プーチンを大統領に」による米国のロシアへの編入ないしウラジーミル・プーチンの米国大統領への選出の願いが報じられた。ユーモア記事。
「失敗国家にとどまるのは嫌だ。住民投票実施のために署名を集める」と同団体。
反対者たちは言う、ロシアへの編入を求める住民投票は憲法に反すると。賛成者たちは答える、2001年9月11日以降米国政府がやってきたことの全てが憲法に反しており、それは問題とされていない、と。もし住民投票が成立しなければ、奥の手がある。プーチンを米国大統領に推すのである。ライバル候補バラク・オバマ、ミット・ロムニー、ジョン・マケイン、ジョン・ケリー、アルベルト・ゴール、ジョージ・ブッシュが束になったより多くの票を得て当選するだろう。
引用おわり

おもしろいですね。
2001年9月11日以降米国政府がやってきたことの全てが憲法に反している。
その通り!!
もし住民投票が成立しなければ、奥の手がある。プーチンを米国大統領に推すのである。
素晴らしい!!
ライバル候補バラク・オバマ、ミット・ロムニー、ジョン・マケイン、ジョン・ケリー、アルベルト・ゴール、ジョージ・ブッシュが束になったより多くの票を得て当選するだろう。
そうですね。まっとうな市民なら、プーチンですね。
でも、不正選挙が心配。
ユーモア記事として、おもしろい内容でした。

諦貴

posted by 諦貴(たいき) at 20:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

ギニア出張の後ニューヨークの病院に入院していた医師が、中間的な診断によれば、エボラ出血熱に感染している。ニューヨークタイムズ紙が報じた。 患者は33歳のクレイグ・スペンサー氏。高熱と嘔吐の症状が見られる。氏は「国境なき医師団」のメンバーとしてギニアで約1か月間、エボラ出血熱対策に参加し、ブリュッセル経由で17日、帰国。23日、マンハッタンのベルヴュー病院の検疫課に入院した。疾病管理予防センターが精密検査を行い、最終的な診断を下すという。


引用:http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_24/beikoku-ebora-ishi/
ギニア出張の後ニューヨークの病院に入院していた医師が、中間的な診断によれば、エボラ出血熱に感染している。ニューヨークタイムズ紙が報じた。
患者は33歳のクレイグ・スペンサー氏。高熱と嘔吐の症状が見られる。氏は「国境なき医師団」のメンバーとしてギニアで約1か月間、エボラ出血熱対策に参加し、ブリュッセル経由で17日、帰国。23日、マンハッタンのベルヴュー病院の検疫課に入院した。疾病管理予防センターが精密検査を行い、最終的な診断を下すという。 同氏の友人モーガン・ディクソン氏も予防のため検疫課に入院している。
引用おわり


エボラがニューヨークへ。
拡大が続きますね。
全世界に拡散させようと
必至ですが、
すでに、ロシアと日本でワクチンが開発されています。
日本の薬は錠剤なので、服用でOK。
もし、エボラになったら、ワクチンを必至で探すでしょうが、
テレビなどのメディアは報道しないので、たどり着けずに、
命を落とすのか?
日本の国際貢献は、このような時に発揮すべき。
なぜ、メディアは沈黙なのか?
富士薬品のニュースぐらい流しなさい!!

諦貴

posted by 諦貴(たいき) at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

イラン・ロシア合同商工会議所のアスギャルオウラーディ会頭が、中央銀行の両国の取り引きにおけるドル建ての停止を検討していることを明らかにしました。



引用:http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/49300-イランとロシア、ドル建て取り引きの停止を検討
イラン・ロシア合同商工会議所のアスギャルオウラーディ会頭が、中央銀行の両国の取り引きにおけるドル建ての停止を検討していることを明らかにしました。
イラン発行の新聞、ジャハーン・サナアトが23日木曜、伝えたところによりますと、アスギャルオウラーディ会頭は、「ロシアとの取り引きにおいて、ドルの利用を中止し、イランの通貨リヤルとロシアの通貨ルーブルを使用することについては、まだ決定が下されておらず、両国の中央銀行が、この問題を検討している」と語りました。
また、「この条件が決定すれば、ロシアとの取り引きが大幅に簡略化されるだろう」と述べました。
アスギャルオウラーディ会頭によれば、イランとロシアの間で合意書が署名された後、ロシアへの製品の輸出が増加したということです。
中国とロシアは、すでに、両国の貿易においてドルの利用を停止し、両国の通貨を使用することで合意しています。
引用おわり

いいですね。
どんどん、ドル建て取引を廃止してゆきましょう。
基軸通貨のドルですが、
世界一借金が多いアメリカを見捨てて、
ドル離れする国がどんどん増えています。
日本もIMFなんか頼りにせず、
BRICS銀行へ乗り換えるべきでしょう。
このままでは、
完全に日本も巻き込まれます。
安倍さんと黒田氏は、それをわかってて、
誘導していますね。
それほど、国を売りたいのか!!
バカヤロー!

諦貴



posted by 諦貴(たいき) at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮沢洋一SM疑惑|小渕優子前大臣の後任として就任した宮沢洋一経産相の資金管理団体「宮沢会」が広島市内のSMバーに政治活動費を支出していたことが分かった。


引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154365
0854b6ea7a6db4cc53918795878b1afa20141023142814813_262_262.jpg
小渕優子前大臣の後任として就任した宮沢洋一経産相の資金管理団体「宮沢会」が広島市内のSMバーに政治活動費を支出していたことが分かった。2010年分の政治資金収支報告書によると、同年9月6日に広島市の繁華街にあるSMバーに1万8230円を支払っていた。
 宮沢大臣は23日午前、「支出をしたのは事実。私は(店に)行ってません」と説明。事務所は「なぜ領収書が紛れ込んだのか、誰が店に行ったのかは現在調査中です」と言う。この店は下着姿の女性をロープで縛り、客もSMショーに参加する形式だった。
 宮沢大臣は広島県選出の参院議員。小渕大臣のあとを受けて21日に就任した。東大法学部を卒業し、ハーバード大学行政学大学院を修了したインテリで、宮沢喜一元首相の甥にあたる。岸田外相とは従弟関係というエリート家系だ。
 東電を所管する経産省トップでありながら、東電株の保有者であることも批判されている宮沢経産相。揚げ句が「SMバー」では、安倍首相の任命責任が問われるのは必至だ。
引用おわり

へー。SMバーですか?
宮沢洋一大臣は、
統一教会系の日本会議系の神道政治連盟のメンバーですね。
へー。SMバーですか?
宮沢洋一大臣は、
東京電力株を大量に保有しているそうですね。
へー。SMバーですか?
宮沢洋一大臣は、東大法学部を卒業し、
ハーバード大学行政学大学院を修了したインテリで、
宮沢喜一元首相の甥にあたるお方。
へー。SMバーですか?



諦貴

posted by 諦貴(たいき) at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

村上春樹氏(65)が今年もノーベル文学賞を逃した。授与が決まったのは、フランスのベストセラー作家のひとりであるパトリック・モディアノ氏(69)。ブックメーカーの英ラドブロークスの賭け率では3年連続トップにつけ、「今年こそ」と意気込んでいたハルキストはまたも肩透かしを食らった。文芸評論家の土居豊氏は、落選理由をこう分析する。

引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154017/1
村上春樹氏(65)が今年もノーベル文学賞を逃した。授与が決まったのは、フランスのベストセラー作家のひとりであるパトリック・モディアノ氏(69)。ブックメーカーの英ラドブロークスの賭け率では3年連続トップにつけ、「今年こそ」と意気込んでいたハルキストはまたも肩透かしを食らった。文芸評論家の土居豊氏は、落選理由をこう分析する。
「選考するスウェーデン・アカデミーは欧米出身の作家に偏らないように地域配分を考慮する方針を打ち出していますが、欧米勢の評価が高いのが現実です。村上氏は年齢的にまだ若く、まだまだ作品を発表する可能性が高い。世界的なベストセラー作家ですが、文学性や芸術性が高いツウ好みの作家とは見られていないのもネック。決め手に欠けたのでしょう」
 もっとも、安倍首相はホッと胸をなで下ろしたんじゃないか。村上氏といえば、安倍首相にとって耳の痛いことばかりを訴えてきたからだ。
受賞なら世論は脱原発に
 2011年にカタルーニャ賞の受賞スピーチで「私たち日本人は核に対する〈ノー〉を叫び続けるべきだった」と脱原発を訴え、豪メディアの取材に「東京電力の社長とか何人か、本当に刑務所へ行くべきだと思う」と発言。尖閣問題をめぐり、悪化の一途をたどる日中関係にも警鐘を鳴らしている。12年には朝日新聞に〈領土問題が実務課題であることを超えて、「国民感情」の領域に踏み込んでくると、それは往々にして出口のない、危険な状況を出現させることになる。それは安酒の酔いに似ている〉と寄稿したのだ。
 物理学賞を受賞したカリフォルニア大教授の中村修二氏(60)は体験談を交えて日本の産業界のあり方を舌鋒鋭く批判しているし、きょう(10日)午後には「憲法9条」が有力候補とされる平和賞の発表を控えている。安倍首相の脳裏には「トリプルパンチ」の悪夢がよぎったに違いない。元法政大教授の五十嵐仁氏(政治学)はこう言う。
引用おわり

村上春樹氏は反米、反原発の発言はアメリカの反感を買いますね。
だから受賞はありません。
事前の人気でも、
「憲法9条」がノーベル平和賞だと思いましたが、
選ばれませんでしたね。
これも、アメリカの意向。
ただし、ノーベル物理学賞は、日本人が頂きました。
青色LEDですね。
ちょっとは、喜ばせておかないとって感じですか?

諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカが京都府京丹後市で、弾道ミサイルを探知する「Xバンドレーダー」の配備を開始しました。このレーダーは、北朝鮮のミサイル発射を早期に警告するために配備されるもので、ロシアや中国からのミサイル発射の監視にも使用される可能性があります。このレーダーは、今年中に使用が始まる見込みで、ミサイルの発射を探知し、4000キロメートルを超える圏内にある実弾道ミサイルを架空のミサイルと識別することが可能です。



引用:http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/49253-米軍が、京都でxバンドレーダーの配備を開始
12a4421e9e482569892ca4a94369db0b_L.jpg
アメリカが京都府京丹後市で、弾道ミサイルを探知する「Xバンドレーダー」の配備を開始しました。
このレーダーは、北朝鮮のミサイル発射を早期に警告するために配備されるもので、ロシアや中国からのミサイル発射の監視にも使用される可能性があります。
このレーダーは、今年中に使用が始まる見込みで、ミサイルの発射を探知し、4000キロメートルを超える圏内にある実弾道ミサイルを架空のミサイルと識別することが可能です。
さらに、アメリカは2006年から青森県つがる市に、この種の別の可動式レーダーを配備しています。
引用おわり


アメリカは2006年から青森県つがる市にも、
別の可動式レーダーを配備していたんですね。
で、今度は京都ですか?
うん?
何か怪しい動きを感じますね。
アメリカは北朝鮮を表では敵国としていますが、
裏では極東戦争の火種として、
生かさず殺さず、
その役目を果たすまで、
裏ではつながっているのです。
だから、アメリカは北朝鮮のミサイル動向は監視の必要がありません。
事前に知ってますので。
ロシア、中国のミサイル監視が目的か?
その方が正しいでしょう。


諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 19:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

A toxic president|President Obama has spent six years squandering it, and the administration’s confusion, contradictions and mistakes on Ebola fit the pattern. This is how he rolls.


引用:http://stateofthenation2012.com/?p=8153
obamahazmat-e1413703589464.jpg
A toxic president
By Michael Goodwin nypost.com
Chalk it up to karma, fate or bad luck. Whatever you call it, the Ebola scare is proof that Bad Things Happen to Bad Presidents.
The morphing of what is a single case into near panic is, according to medical experts, unwarranted. They point out that, so far, one person from Liberia died in a Texas hospital and two nurses who treated him got sick. Period, end of panic.
In rational and medical terms, they may be right. But their calculations omit another factor. It’s the X factor.
In this case, X stands for trust.
President Obama has spent six years squandering it, and the administration’s confusion, contradictions and mistakes on Ebola fit the pattern. This is how he rolls.
Don’t worry, there’s no chance of an outbreak, they said. Then it was, Oops, we must rethink all procedures for handling cases. Then there was no worry about a “wide” outbreak, yet quarantines for lots of people.
The irrational fear of an alien pathogen is fueled by rational suspicion of an incompetent and dishonest government. How did the so-called experts at the Centers for Disease Control and Prevention give Nurse No. 2 permission to travel by air, even though she had a mild fever?
That’s a great question − if only the CDC would answer it. “I have not seen the transcript of the conversation,” was Director Thomas Frieden’s lame answer.
Meanwhile, the most obvious move, a travel ban from affected countries, is rejected with unpersuasive claims about the need to get aid workers to Africa. It looks and smells like political correctness searching for logic.
There isn’t any logic, so bet your hazmat suit a ban will happen soon. It’ll be one way for the new Ebola czar to make a mark.
But it will take a miracle worker to restore Barack Obama’s credibility. While there are many things to say about his tenure, the one thing you cannot say is that the nation trusts him.
Poll after poll, on subject after subject, show a collapse. Consistently now, a majority of Americans say Obama is not trustworthy. Most think he’s a failure, many say he is incompetent and the vast bulk − 70 percent in some cases − says his key policies are wrong for America.
He is so unpopular that members of his own party don’t want to be seen with him, lest his failures spawn a political plague.
Against that backdrop, any emergency will cause the national yips. The rise of the Islamic State and its beheadings of two Americans did it, and now Ebola is doing it.
As “Ghostbusters” asked, who you gonna call? Certainly not this White House.
Credibility is like a reservoir or a bank account. You make deposits in good times so you can make withdrawals when you need them.
Obama never made the deposits. It’s been all downhill since Day One. He blames others for failures, and when cornered or ambitious, reaches for a lie. Routinely.
The claim that “if you like your doctor, you can keep your doctor” is a defining example, but hardly the only one. Don’t forget “shovel-ready jobs” to justify a trillion-dollar boondoggle. Or there’s “not a smidgen” of corruption at the IRS. And Benghazi was caused by an anti-Muslim video.
His lies are legion and now he’s like the boy who cried wolf. When he makes a national appeal on Ebola, the trust tank is empty.
If there’s one encouraging sign, it’s that Obama may sense he’s walking on thin ice. When Ebola started to dominate the news, he canceled two fund-raising trips.
Talk about miracles.

excite自動翻訳:
有毒大統領
ミハエルGoodwinによって nypost.com
それを業、運命あるいは不運のせいにしてください。
あなたが何をそれと呼んでも、エボラの恐れは悪いことが悪い大統領の身にふりかかるという証明です。
近いパニックの中への単一の場合であるもののモーフィングは、不当で、医療関係者によればあります。
それらは、これまでのところ、リベリアの1人がテキサス病院で死に、彼を治療した2人の看護師が気分が悪くなったことを指摘します。期間(パニックの終了)。合理的および医学用語では、それらは正しいかもしれません。しかし、それらの計算は別の要因を省略します。それは不確定要素です。この場合、Xは信頼を表わします。オバマ大統領はそれを乱費して、6年を過ごしました。また、政府のエボラ上の混乱、矛盾および誤りはパターンに適合します。このようにして、彼は回転します。心配しない、発生の偶然はありません、彼らは言いました。その後、それはありました(おっと)。私たちは、扱う場合のための手続きをすべて再考しなければなりません。その後、「広い」発生に関して心配はまだありませんでした、隔離する、多くの人々のために。
外国の病原体の不合理な恐れは無能で不正直な政府の合理的な疑いによってあおられます。
彼女は微熱を持ったが、疾病管理予防センターのいわゆるエキスパートは、どのように看護師に飛行機で旅行する2番許可を与えましたか。それは大きな質問です-もし、CDCがそれに答えたならば。
「私は、会話の記録を見ていません」がトマス・フリーデン監督の不完全な答えでした。
その間に、最も明白な動き(影響を受けた国々からの渡航禁止令)が、アフリカへエイドワーカーを得る必要に関する説得力がないクレームで拒絶されます。それは見て、ロジックを探索する政治的正当さのように臭いをかぎます。ロジックはありません。ですから禁止がまもなく起こるだろうと防護服に賭けてください。
それは、マークを作る新しいエボラ・ツァーには一方向でしょう。
しかし、バラク・オバマの信用を回復することは奇跡労働者を連れて行くでしょう。
彼の保有に関して言う多くの考えがありますが、言うことができない1つの考えは、国家が彼を信頼するということです。投票の後の投票、主題の後に主題上で、崩壊を示します。
一貫して、今、大多数のアメリカ人は、オバマが信頼できないと言います。
大部分は、彼は失敗であると思います。多数が、彼が無能であると言います。また、広大な容積(いくつかの場合での70パーセント)は、彼の重要政策がアメリカにとって間違っていると言います。
彼の失敗が政治的な疫病を大量に産まないように、彼は非常に不人気なので、自分のパーティーのメンバーは彼と見られたくありません。その背景に対して、どんな緊急事態も全国イップスを引き起こすでしょう。
イスラム国家の上昇および2人のアメリカ人のそのbeheadingsは、それをしました。また、今、エボラはそれをしています。誰(「ゴーストバスターズ」が尋ねるとともに、)あなた、呼び出しに行くこと
確かに、ない、このホワイトハウス。信用は貯蔵所または銀行口座に似ています。
それらを必要とする場合、撤回をすることができるように、好況時の中で頭金を払います。
オバマは頭金を払いませんでした。それは、初日以来すべて下り坂でした。
彼は失敗のために他のものを非難し、隅に追い込まれたか大志を抱いていた時嘘を取ろうと手を伸ばします。
慣例的に。「医者が好きならば、医者を維持することができる」というクレームは、定義する例だがほとんどないたった1つです。1兆ドルのboondoggleを正当化する「すぐ着工できる仕事」を忘れないでください。
あるいはそこに、である「ない、微量」IRSの腐敗の。また、ベンガジは反イスラム教のビデオによって引き起こされました。彼の嘘は軍団です。また、今、彼は、偽りの警報を出した少年に似ています。
彼がエボラに全国に訴える場合、信頼タンクは空です。1つの有望なサインがある場合、それは、オバマが、彼が危ない橋を渡っていることを感知するかもしれないということです。
エボラがニュースを支配し始めた時、彼は2つの募金の旅行を取り消しました。
奇跡について話してください。


引用おわり

是非原文d原文:http://stateofthenation2012.com/?p=8153

posted by 諦貴(たいき) at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
台風台風台風台風台風
安倍内閣は日本会議だらけですね。
BwwdCr2CcAA4TNU.jpg
これでやっと、内閣を支配できたので、これから、やりたい放題。って感じですか?安倍さん?

台風台風台風台風台風
imagesKSFWNZED.jpg
嘘 しか つかない自民党

台風台風台風台風台風
崩壊していないビルが映っているのに・・・
imagesDU5127XM.jpg
ビルが崩壊した!と伝えるBBCのニュース。
アメリカ同時多発テロ 911 にて
BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell 筋書があったのですね。 時間を間違えて読んじゃいました。 ってこと。 このニュースの後、ビルはちゃんと崩壊したので、結果オーライ? ふざけるな!! だから、メディアは、信頼してはいけないのです!!
しかも、WTC7は、 自由落下の速度でスピード崩壊。 WTC7_640W.gif
飛行機突っ込んでないのに、なんで??
明らかに意図的な爆破としか考えられませんね(金融事件の証拠隠滅工作と思われます)
人の命より金儲け。なんでもありか!!CFR!

台風台風台風台風台風
内海聡先生による 薬の話
内海聡医師による断薬セミナー
薬によるb層支配を知るべきです。命にかかわる問題です。

台風台風台風台風台風
当ブログ おすすめ著書
mmm.png
おすすめ著書はこちら


台風台風台風台風台風
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。