b層とは・・・b層(ビーそう)とは、小泉政権当時に「具体的なことはわからないが、小泉純一郎のキャラクターを支持する層」と定義されています。「みんながそうだから、なんとなくそう思う、テレビでいってたよ。そうなんじゃないの〜〜」という感覚で生きている人のことです。b層(ビーそう)は、自分がb層(ビーそう)だと気づいていません。そういう私も、つい最近までb層(ビーそう)でしたから・・・

覚醒の時・・・私はあるきっかけで覚醒することができました。その一つがニック・ロックフェラーと親交のあったアロン・ルッソ監督のインタビューです。これをきっかけに、アメリカ同時多発テロ911の真実を知り、私たちを支配する金融ユダヤ人の実際の組織CFRや、その創設者ロックフェラーを知るに至りました。ここで、リチャードコシミズ先生を紹介します。リチャードコシミズ先生の言説!『イルミナティだとか、フリーメーソンだとか・・・ CFR』 1/2 120128 は、より詳細に、より具体的に、真実を明らかにしてくれることでしょう。

日本における支配構造・・・世界の支配は一部のユダヤ金融資本(ロックフェラーCFRなど)ですが、日本においてはどうでしょうか?日本でも、ユダヤ人の手先として、ユダヤ人にしっぽを振りまくる犬たち(売国奴)が大勢います。ユダヤ金融資本にぶら下がった裏社会のマイノリティー勢力が、日本という国を完全に支配しています。我々は彼らの存在とその支配の歴史を正しく知ることが大切です。リチャード・コシミズ先生の言説(テーマ:児玉誉士夫)

第3回不正選挙・・・あなたの周囲に自民党に投票した人いましたか?自公で300議席を超える比率で、圧倒的に人気があったようですが・・・これ、本当でしょうか?私は信じられません。2014年12月14日の選挙は、第3回目の不正選挙でした。期日前投票箱のすり替え、偽票書きの事実(内部告発)、集計過程での改竄、つじつま合わせの白票投入、投票数より集計数が多い、などなど、次々に不正の事実が明らかになっています。不正選挙=国家転覆罪=死刑に値します。そうして誕生した安倍政権は、まさに、やりたい放題・・・TPP、消費税10%、集団的自衛権、秘密保護法案・・・息子を戦争で犬死させたくなかったら、あなたが行動するしかありません。2015年はb層の大覚醒の年としなければなりません!!たちあがれ、覚醒b層の世直しを!!

【覚醒b層の世直しブログ 注目の最新ニュースRSS】

2014年12月30日

憲法9条について

もしも、憲法9条が変更になったら・・・

憲法9条って?
99.png

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1

日本国憲法 第9条(にほんこくけんぽう だい9じょう)は、日本国憲法の条文の一つで、憲法前文とともに三大原則の1つである平和主義を規定しており、この条文だけで憲法の第2章(章名「戦争の放棄」)を構成する。この条文は、憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている[1]。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。

引用おわり

戦争を知らない世代にとって、
学校の授業でしか、憲法9条のことを学びませんが、

戦争を経験した世代にとっては、
この「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素からなる
日本国憲法の重要性は十分に知るところです。

その憲法の中でも、この第9条が最も重要な部分です。

さて、
戦争を知らない世代も、
この条文について、十分にその意味を知り、
現在でも紛争を繰り返している愚かな人類に対して、
唯一の被爆国日本が、
世界平和を訴え、世界をリードしてゆくべきなのです。

その際に、厄介なのが、
プロバガンダの存在です。

つまり、テレビ、ラジオ、新聞、週刊誌、インターネット
などのメディアの、宣伝(誘導)のこと。

もしかして、
・中国のことを嫌い。
・韓国のことを嫌い。
・北朝鮮のことを嫌い。

などと、思っていませんか?

私の意見は次の通りです。

もし、その考えが、本当に自分の意見なら、
私はその考えを尊重します。

しかし、その考えが、メディアが作り出したもの、
「テレビで言ってたから」とか
「インターネットに書いてあったから」とか、
そのような理由で形造られたものであれは、
私はその考えを尊重しません。

つまり、現在の日本(2014年12月現在)は、
日本を含む極東地域において、
特に中国と日本を戦争状態にすることを
裏で仕組んでいる勢力があるためです。

イスラム国の問題で、紛争が絶えない中東と、
新たに極東において、近い将来、戦争を起こしたいと
考えて、その準備を着々と進めているのです。

すべてではありませんが、
ほとんどのめメディアは、その裏勢力の言いなりであり、
加担している状態です。

ですから、ニュースのすべてが悪い訳ではないのですが、
特に、隣国との友好関係を否定するような情報には、
とくに注意が必要だということです。

第1次世界大戦も、第2次世界大戦も、
戦争プロバガンダが世論を誘導し、
結果、全世界を巻き込んだ戦争に突入した歴史があるからです。

現在、着々と、
第3次世界大戦の火種を作っている裏の勢力にとって、
最も重要なものは、メディア誘導=プロバガンダであり、
昔も今も何ら変わらないのです。

同じ、パターンのだましに、
簡単に騙されないようにしなければなりません。

また、メディアは、
次のような手も使います。

政治・経済に興味を持たせないように誘導する。
=クイズ番組、スポーツ番組、芸能ニュースなどで紙面を一杯にして、
重要な政治的なニュースを埋没させる方法。

これも、プロバガンダの一種です。

結果、
・自分で考えない。
・思想・信条を持たない。
・政治経済に興味すらない。

そのような、多くの若者を生み出し、

逆に、
・思想を持つ=右翼、左翼。
・信条を持つ=大声でシュプレヒコールを上げる怪しい軍団
・政治経済を語る人は怪しい。

などのレッテル貼りや、
わざと怪しい危険な行動をして、
悪いイメージを定着させる偽右翼や、偽左翼の誘導活動も目に余ります。

どちらにしても、
裏勢力の思い通り、
着々と、日本は戦争のできる国に向けて、
突き進んでいるのです。

もしも、憲法9条が変更になったら・・・

その答えは、述べるまでもありません。
「戦争」です。

現に、第2次安倍政権は、
秘密保護法案、集団的自衛権など、
戦争に向けて着々と法案を整備してゆきますし、
世界に誇るべき日本国憲法第9条の解釈変更を、
目指しています。
核技術を保持するため、必要のない原子力も廃止しません。
つまり、いつでも戦争のできる国を目指しています。

自分や自分の家族、自分の息子を、
戦争で犬死させてはいけません。

人を人とも思わない、戦争は金儲けだと考えている、
一部の裏勢力のために、
なぜ、尊い命を差し出さなければならないのか?

今、準備段階で気づいて、糾弾しなければ、
止められず、突入するしかない事態になってしまうのです。

【そうならないための予防策】
・プロバガンダを意識して、排除する。
 取り入れた情報をう鵜呑みにしない。
・裏で誘導している勢力の目的を知る。

【対処方法】
・もし、9条が改正され、徴兵制が義務化されても、
 絶対に参加しない。参加させない。
・牢屋に入っても、絶対に国家の戦争に加担しない。
・リチャードコシミズ理論に触れる

【さいごに】
平和な世には、想像もできない話かもしれませんが、
憲法9条の変更は絶対に阻止しなければなりません。
今のうちから、私たちは正しい情報を取り入れて、
正しい思想と信念を構築し、備えなければなりません。
自分や家族、特にこの国の未来を担う次世代の子供たちのために。



諦貴







もしも、憲法9条が変更になったら・・・















posted by 諦貴(たいき) at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

安倍政権が日本の“軍国主義化”に向かって動き出した。海外に武器を輸出する日本企業に支援金制度を創設するのだ。防衛省は18日にも有識者による検討会を立ち上げ、今後は財政投融資などを活用した資金援助制度を創設。武器輸出企業に長期で低利融資するという。

引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155885
d32555e732c232538405793a58ac11bc20141218134714823_262_262.jpg
安倍政権が日本の“軍国主義化”に向かって動き出した。海外に武器を輸出する日本企業に支援金制度を創設するのだ。防衛省は18日にも有識者による検討会を立ち上げ、今後は財政投融資などを活用した資金援助制度を創設。武器輸出企業に長期で低利融資するという。
 さらに経産省と連携し、防衛産業振興のための補助金制度の創設なども検討する。武器を輸出するだけでなく、整備や補修、訓練支援なども含めたパッケージとして販売するというから、日本は本格的な武器輸出国家に変貌するわけだ。
 いまに始まった話ではない。4月1日、政府は武器輸出三原則に代わる「防衛装備移転三原則」を閣議決定した。武器輸出の原則禁止から“輸出できる国”に方向転換を決めたのだ。
「日本の武器技術は世界のトップクラスです。とくにセンサーやロボット、誘導ミサイル装置、戦車のエンジン、リチウムイオン電池は注目の的。インドは海自の救難飛行艇を2、3機欲しがっているし、オーストラリアはそうりゅう型潜水艦を12隻発注したいと打診しています。潜水艦は1隻800億〜900億円だから、1兆円を超える取引。これまで三菱重工や川崎重工など兵器を手がける企業は政府が本気なのか疑心暗鬼でしたが、安倍首相は堂々とお墨付きを与えたことになります」(軍事評論家の神浦元彰氏)
引用おわり


安倍政権が日本の“軍国主義化”に向かって動き出しましたね。
武器輸出企業に長期で低利融資するとは。
武器を輸出するだけでなく、
整備や補修、訓練支援なども含めたパッケージとして販売するというから、
日本は本格的な武器輸出国家に変貌するわけだ。
まさにその通りです。
選挙で圧倒的な指示を勝ち取った安倍政権は、
これから、どんどん、やりたい放題ですね。
軍国主義化。
遂には、国防軍でも創設しますか?
たぶん、着々と進めていると思います。
集団的自衛権も、
憲法改変も、
秘密保護法案も、
まさに、日本を戦争ができる国にするため。
そろそろ気づきませんか?
安倍という人のやろうとしていることが、
この日本を破滅に向かわせることばかり。
安倍さんがそんなことするはずない??
なんて、本当にそう思ってるんですか?
そうなら、本当にあなたはお人好し。
どうぞ、自分の子供を、戦争に行かせてください。
どこかの誰か=戦争でお金儲けしたい人たちのために、
息子の尊い命を捧げてください。
あなた自身が、戦争に行って、真っ先に犬死してください。
そんな、国にしようとしいていることに、
そろそろ気づかなくてはいけません。
そう、覚醒しなければ!!
2015年は、b層の大覚醒の年に!!
をスローガンに、情報発信を続けます。

諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

ユダヤ人には弱く韓国には意地悪い産経


引用:http://japanese.joins.com/article/781/193781.html?servcode=100§code=120&cloc=jp|main|ranking
日本の産経新聞が独ナチ政権のユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を偽りだと主張した本の広告を載せ、ユダヤ人団体の抗議を受けると、速やかに謝罪した。新聞に謝罪文を掲載しただけでなく、社長名義の謝罪書簡を米国のユダヤ人団体に伝えた。
産経新聞は先月26日、東海・北陸地域に配達される新聞に「ネットジャーナリストがユダヤ独裁国家アメリカの謀略を暴く!」と題した全面広告を掲載した。広告ではブロガーのリチャード・コシミズの寄稿と彼が書いたユダヤ人批判書籍3冊に関する紹介が書かれている。「ホロコーストは神話であり、2011年の東日本大震災は米国の軍部によって引き起こされた」というあきれる主張とともに「チャーチル、ルーズベルト、スターリン、ヒトラーはユダヤ人だった」という内容もある。
これに対し国際ユダヤ人人権団体サイモン・ヴィーゼンタール・センターの副所長でありラビであるエイブラハム・クーパー氏が4日、産経新聞に抗議書簡を送った。書簡は「サイモン・ヴィーゼンタール・センターは最も強い語調で、産経新聞が真実を追求するジャーナリズムの責任をわずかなお金で売り飛ばしたことに抗議する。あなたたちの新聞がこのような中傷謀略の根拠のない主張に紙面を提供し、憎悪と反ユダヤ主義を正当化している」と批判した。
すると産経新聞は6日の新聞に熊坂隆光社長の謝罪文をのせた。産経新聞のワシントン支局長らがクーパー氏を訪ね、熊坂社長の謝罪書簡を伝えた。書簡には「抗議を真摯に受け止め、誠実に対応するとともに厳正に対処する」と書かれていた。
産経新聞の謝罪は普段の韓国に対する報道態度とは対照的だ。産経新聞は韓国に対し「言いつけ外交は民族的習性のせい?」「慰安婦は死んでも反日道具」という扇動的な主張をしたこともある。広告でもなく記事を通じてだ。
産経新聞はユダヤ人団体の抗議には礼儀をわきまえて謝罪しながらも、韓国人を刺激することは何ともないようだ。米国でユダヤ人は政治・経済・言論・文化などで強大な影響力を行使する。力のあるユダヤ人には弱いが、隣国韓国の傷口にはむやみに塩を塗る理由が知りたい。産経新聞の「韓国たたき」で日本が何を得るのかも疑問だ。韓国を小人国にすれば日本が大人国になるわけではないからだ。大人国は他国の大統領に対して無礼に「独身大統領の男女関係報道が名誉毀損なのか疑問」というメディアではなく、一貫した基準と品格を持つメディアが存在する国から出てくる。
引用おわり

リチャード先生の言説は、
力強く、そして、わかりやすく、真実を語ります。
いままで、b層だった私も、
RK理論のお蔭で、必要な知識を得て、
世の真実が理解できるようになってきました。
お蔭で、メディアの伝える報道が格段に面白く感じられるようになりました。
その報道の裏側は?なんて視点は、
今までなかったなぁと感じます。
独立党のみなさんは、大変レベルが高い。
裏の裏まで見事に見抜いておられます。
それを率いる党首のコシミズ先生のブログを、
必ずチェックする人。
これから、ますます増えると思います。

今回の騒動は、
リチャード先生が全面広告を出したことを発端とし、
ユダヤ言論監視機関から産経新聞にクレームが入って、
産経新聞の社長が謝ったということなんですね。
このニュースで、コシミズ先生の名前が、
一気に有名になりました。
検索する方も段違いに増え、
過去の動画を見て、覚醒された方も多いと思います。

リチャード先生は、
裏社会のオウンゴールとおっしゃってます。
まさに、その通り。
選挙を目前に、
覚醒者が増えることを、切に願います。

諦貴

posted by 諦貴(たいき) at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
台風台風台風台風台風
安倍内閣は日本会議だらけですね。
BwwdCr2CcAA4TNU.jpg
これでやっと、内閣を支配できたので、これから、やりたい放題。って感じですか?安倍さん?

台風台風台風台風台風
imagesKSFWNZED.jpg
嘘 しか つかない自民党

台風台風台風台風台風
崩壊していないビルが映っているのに・・・
imagesDU5127XM.jpg
ビルが崩壊した!と伝えるBBCのニュース。
アメリカ同時多発テロ 911 にて
BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell 筋書があったのですね。 時間を間違えて読んじゃいました。 ってこと。 このニュースの後、ビルはちゃんと崩壊したので、結果オーライ? ふざけるな!! だから、メディアは、信頼してはいけないのです!!
しかも、WTC7は、 自由落下の速度でスピード崩壊。 WTC7_640W.gif
飛行機突っ込んでないのに、なんで??
明らかに意図的な爆破としか考えられませんね(金融事件の証拠隠滅工作と思われます)
人の命より金儲け。なんでもありか!!CFR!

台風台風台風台風台風
内海聡先生による 薬の話
内海聡医師による断薬セミナー
薬によるb層支配を知るべきです。命にかかわる問題です。

台風台風台風台風台風
当ブログ おすすめ著書
mmm.png
おすすめ著書はこちら


台風台風台風台風台風
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。