b層とは・・・b層(ビーそう)とは、小泉政権当時に「具体的なことはわからないが、小泉純一郎のキャラクターを支持する層」と定義されています。「みんながそうだから、なんとなくそう思う、テレビでいってたよ。そうなんじゃないの〜〜」という感覚で生きている人のことです。b層(ビーそう)は、自分がb層(ビーそう)だと気づいていません。そういう私も、つい最近までb層(ビーそう)でしたから・・・

覚醒の時・・・私はあるきっかけで覚醒することができました。その一つがニック・ロックフェラーと親交のあったアロン・ルッソ監督のインタビューです。これをきっかけに、アメリカ同時多発テロ911の真実を知り、私たちを支配する金融ユダヤ人の実際の組織CFRや、その創設者ロックフェラーを知るに至りました。ここで、リチャードコシミズ先生を紹介します。リチャードコシミズ先生の言説!『イルミナティだとか、フリーメーソンだとか・・・ CFR』 1/2 120128 は、より詳細に、より具体的に、真実を明らかにしてくれることでしょう。

日本における支配構造・・・世界の支配は一部のユダヤ金融資本(ロックフェラーCFRなど)ですが、日本においてはどうでしょうか?日本でも、ユダヤ人の手先として、ユダヤ人にしっぽを振りまくる犬たち(売国奴)が大勢います。ユダヤ金融資本にぶら下がった裏社会のマイノリティー勢力が、日本という国を完全に支配しています。我々は彼らの存在とその支配の歴史を正しく知ることが大切です。リチャード・コシミズ先生の言説(テーマ:児玉誉士夫)

第3回不正選挙・・・あなたの周囲に自民党に投票した人いましたか?自公で300議席を超える比率で、圧倒的に人気があったようですが・・・これ、本当でしょうか?私は信じられません。2014年12月14日の選挙は、第3回目の不正選挙でした。期日前投票箱のすり替え、偽票書きの事実(内部告発)、集計過程での改竄、つじつま合わせの白票投入、投票数より集計数が多い、などなど、次々に不正の事実が明らかになっています。不正選挙=国家転覆罪=死刑に値します。そうして誕生した安倍政権は、まさに、やりたい放題・・・TPP、消費税10%、集団的自衛権、秘密保護法案・・・息子を戦争で犬死させたくなかったら、あなたが行動するしかありません。2015年はb層の大覚醒の年としなければなりません!!たちあがれ、覚醒b層の世直しを!!

【覚醒b層の世直しブログ 注目の最新ニュースRSS】

2015年01月12日

下げ止まらない原油安のあおりで、ついに米国のシェール関連企業が経営破綻した。開発を手掛ける「WBHエナジー」が米連邦破産法11条を申請、負債は最大5000万ドル(約60億円)に上るという。現在、原油価格は1バレル=46ドル台まで下落。わずか半年間で半値になっている。このまま暴落すれば、米国発金融パニックを引き起こしかねない。

引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156302/2
12a85eb42119671ff1862a7e5a24709c20150109130225573_262_262.jpg
下げ止まらない原油安のあおりで、ついに米国のシェール関連企業が経営破綻した。開発を手掛ける「WBHエナジー」が米連邦破産法11条を申請、負債は最大5000万ドル(約60億円)に上るという。
 現在、原油価格は1バレル=46ドル台まで下落。わずか半年間で半値になっている。このまま暴落すれば、米国発金融パニックを引き起こしかねない。経済評論家の斎藤満氏はこう言う。
「この原油安は複合的要素が絡み合っています。米国のシェール革命で供給は増えたものの、油をガブ飲みしていた中国経済が失速。その上、米国が金融緩和終了を決めたため、原油先物市場に流れ込んでいたマネーが逃げ出した。産油国の足並みがバラバラで、減産による価格維持もできない。米国のシェール産業に打撃を与えたいサウジアラビアの思惑もあり、値崩れは避けられそうにありません」
体力勝負になれば、サウジが有利になる。1バレル当たりの生産コストはサウジの3〜4ドルに対し、米国のシェールオイルは60〜70ドルといわれている。しかもサウジは20ドルまで下げても減産しない構えだ。
「〈底値20ドル〉はひとつの節目。石油メジャーのロックフェラーグループも20ドル許容姿勢を見せています。ロックフェラーと距離が近い元日銀審議委員の中原伸之氏(元東燃社長)も〈20ドル程度まで下がっても不思議ではない〉と見通しています」(商社関係者)シェール関連企業がバタバタと倒れたら、金融パニックは必至だ。「シェール関連企業が発行するジャンク債は2000億ドル(約24兆円)を超え、借り入れもあわせれば4000億ドル(約48兆円)ともいわれています。次々に破綻してそれがパーになれば、市場への打撃は相当なもの。どこもかしこも無傷ではいられません」(斎藤満氏)リーマン・ショックの悪夢がよみがえる。

引用:http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_10/281991785/
9313646747_33ec265ae3_b.jpg
米シェール石油採掘の筆頭企業が倒産
シェールガス、 石油の採掘を行っていた米国企業WBHエナジーは倒産を宣言した 。同社の倒産は国際原油価格の急落を背景にしたもの。米国連邦倒産法第11条による倒産申請は来週にも行われる。
WBHエナジー社はテキサス州に本拠を持つ。 NHKの報道によれば過去数ヶ月の原油価格の下落で5000万ド ル負債を抱えた。WBHエナジー社倒産のニュースで、 原油価格の下落による石油企業の倒産が相次ぐのではないかとの危 惧感が走っている。

引用:http://biz-journal.jp/2013/05/post_2072.html
シェールガス・バブルの終わりが始まった。米シェールガス会社が倒産した。
 日本経済新聞電子版(4月2日付)は「米石油・天然ガス開発会社のGMXリソ−シズは1日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を、オクラホマ州の裁判所に申請したと発表した。米国では新型天然ガス『シェールガス』の生産量が急増した結果、ガス価格が低迷。資金繰りに行き詰まった。昨年12月時点の負債総額は4億5900万ドル(約427億円)」と報じた。
 米国は近年、「シェール革命」に沸いた。シェールガスとは地下2000〜3000メートルにある泥土が堆積したシェール(頁岩=けつがん)と呼ばれる硬い岩盤層に含まれる天然ガスのことで、採掘技術が確立されたことで、生産が本格化した。米国の可採埋蔵量はサウジアラビアの3倍を優に超えるとされる。シェール革命によって化学や石油・ガス産業が牽引して米国経済を飛躍的に発展させ国際競争力を取り戻す、と声高に言われてきた。かくして、かつてのゴールドラッシュさながらにシェールガスの開発ラッシュが起きた。シェールガスの大量生産によって天然ガス価格の急激な低下を引き起こした。米国内の天然ガス価格は2008年には100万BTU(英国熱量単位)当たり7〜8ドルだったものが、12年には3ドルを割った。
 シェールガス価格の下落は化学産業や電気・ガスなどの公益事業の収益を好転させた。シェールガス革命がニューヨーク株式市場の株価上昇を支える一因となっている。
 しかし、ガス価格の下落によって石油開発業者は窮地に立たされた。売り上げは減って、借金の山だけが残ってしまった。資金力のない業者の倒産を皮切りに、シェールガス・バブルは弾けると専門家たちは考えていた。GMXリソ−シズの倒産はシェールガス・バブルの終わりの始まりを示す、不吉な兆候なのである。
タイム・ラグのある日本ではシェールガス・バブルが花盛りだ。大丈夫なのか。
安倍晋三首相とオバマ大統領との日米首脳会談で、シェールガスの対日輸出解禁についてオバマ大統領が前向きな姿勢をみせたことから期待が高まった。安価なシェールガスの輸入が実現すれば、電気料金値上げ圧力が弱まり、国内産業の燃料費の抑制にもつながる。原子力発電所の運転停止で火力発電所の燃料用として液化天然ガス(LNG)の輸入が急増し、12年1年間で輸入額は6兆円を上回った。これが過去最大の貿易赤字の大きな要因となった。日本政策投資銀行はシェールガスの輸入が実現すれば、現在の割高なLNGの価格交渉で日本にとって不利な契約が見直される可能性がある、とみている。最大のネックは原油価格に連動した契約になっている点だ。そうなれば日本のエネルギー調達費用は2020年の時点で現在の水準より最大15.2%削減できると試算している。世界最大のLNG輸入国の日本の調達価格は、少し下がったとはいえ15ドル程度。シェールガスは米国では、我が国のLNGの輸入価格のおよそ5分の1で取引されてきた。米国からの輸入が可能になればタンカーで日本に運ぶ輸送経費を含め8〜9ドル程度に抑制できる。
米国産シェールガスの輸入は、政投銀が予測したようにLNGの輸入価格の引き下げ交渉の有力なカードになる。エネルギー調達費の高騰に歯止めをかけ、電気料金の抑制につながると期待されているのだ。
早速シェールガスの輸出解禁に向けて動き出した。東京電力は、東京湾に臨む富津火力発電所(千葉県富津市)でシェールガス解禁を見込んで今後10年間で総額400億円を投じ、LNGタンクを増設する計画を進めている。東電は調達するLNGの半分に相当する約1000万トンを安価なシェールガスに置き換える方針。すでに三井物産などと輸出解禁が見込まれる2017年以降にシェールガスを輸入する契約を結んでいる。
東京株式市場ではシェールガス関連銘柄として小型材料株が注目を集めた。石油、LPG等のタンク専業メーカーの石井鐵工所(東京都中央区)、石油・天然ガスの探鉱の段階から掘削、仕上げ、生産を経て出荷に至るまで使用される一連の機器や技術を提供している極東貿易(東京都千代田区)などが買われた。
だが、シェールガスにバラ色の夢は描かない方がいい。シェールガスが安いガスであり続ける保証はないからだ。英国の政治学者、ナフィーズ・モサデク・アーメド氏(ブライトン開発政策研究所所長)の『大いなるペテン、シェールガス』と題する論文が反響を呼んだ。「ル・モンド ディプロマティーク」日本語・電子版(2013年3月号)で読むことができる。
 多くの専門家(地質学者、弁護士、市場アナリスト)たちが抱いていた「故意に、不法なまでに採掘生産量と埋蔵量を多く見積もっている」との疑惑を検証した内容になっている。シェール革命は短期間に瞬発力を発揮したが急激な天然ガスの価格低下を引き起こし、世界の大手石油会社に莫大な損害が生じた、と結論づけた。
 大手石油会社の2〜3社が倒産してシェールガス事業から撤退。「シェールガス価格は高くなり、高騰すらして落ち着くだろう」という専門家の最悪のシナリオを伝えている。
 シェールガス会社が倒産するという予測は、GMXリソ−シズの破産で的中した。シェールガス・バブルが弾け、次にくるのは天然価格ガス価格の上昇だ。
 LNGとして日本に輸入する場合、液化と輸送費でそれぞれ3ドル(合計6ドル)程度のコストがかかる。米国内の天然ガス価格が8ドル超まで上昇すれば、調達コストは14ドルを超える。現在15ドル程度の原油連動価格との価格差がなくなる。シェールガスの輸入でうまくいくというのは幻想でしかないのだ。
 そもそも日本のLNG調達戦略の最大の問題は、電力・ガス会社が個別に小口の長期契約を結んできた点にある。エネルギー安保のイロハが判っていない。まずは官民挙げて産出国とのLNG価格の是正交渉をやるべきだ。シェールガスはその次でいい。
 シェールガスの日本向け輸出の解禁を前に、ガスの価格が上がっている。今年に入って、NYの先物相場は3割上昇し、さらに、先高期待が強い。
 4月18日にNYの先物相場が100万BTU当たり4.4ドル台と、1年9カ月ぶりの高値をつけた。昨春の安値の2.4ドルの2倍の水準になった。
 安価なシェールガスの登場で採算が悪化した企業がガスの生産を縮小しているという構造的な要因もある。米金融大手、ゴールドマン・サックスは今年のガスの平均価格の見通しを、従来予想より17%引き上げ、100万BTUで4.4ドルとしたのが価格上昇の引き金になったとの見方もある。
 輸出許可を申請している米LNG事業のうち、日本企業が加わっているのは中部電力・大阪ガスが参画するものなど3つ。100万BTU当たり7ドルにまで上昇すると完全に割安感はなくなる。遅くても5月にはシェールガスの対日輸出が解禁される見込みだが、バラ色の夢は急激に萎んできた。
電力業界の姿勢にも問題あり
経済産業省は関西電力と九州電力の電気料金の値上げの審査で、「2015年度以降のシェールガス購入による燃料費の削減」を求めた。
 これに対して電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長)は「現実に日本に輸入されるのは17年以降。努力の範囲を超える」と反論した。シェールガスの輸入を米国以外のLNG産出国との価格交渉に利用することについても「相手があることだ」という消極的な姿勢だ。
 電気料金の算定基準が原価主義(エネルギー原価などに電力会社の諸経費をオンさせたもの)である限り、電力各社は、まったく経営努力をしないことが明々白々だ。電気料金の原価主義を止めること。LNGの輸入契約を原油連動方式でなくすこと。これをやらない限り、電力・ガス業界の経営トップの意識は変わらない。電力・ガス会社のトップがこのままなら、シェールガス革命など絵に描いたモチになる。
 日本のシェールガス革命は早くも八方塞がりである。

引用おわり

米国のシェール関連企業「WBHエナジー」が米連邦破産法11条を申請。
このニュースは、大変大きなニュースです。

シェールガスの最大手ですから、これから連鎖倒産がドミノ式に続くことも予想され、
シェール関連のデリバティブ関連業界の含み損も加えれば、
リーマン・ショックよりも大きい衝撃となることは、
間違いありません。

そもそも、ロシアに打撃を加えるために、原油安を仕掛けたのですが、
ロシアは耐え抜き、
逆に、仕掛けた側に思わぬ打撃として、返ってきた構図。

もともと、シェールガスで資源革命を!などと、
まだまだアメリカの底力があるんだよ!という、
市場へのメッセージ作りを行ってきたアメリカの、
化けの皮が剥がれたということでしょう。

それにしても、全くメディアは報道しない。
いつものことですが・・・

2015年、経済にも大きな変化がある年と考えて、
間違いないと思います。

諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

台風台風台風台風台風
安倍内閣は日本会議だらけですね。
BwwdCr2CcAA4TNU.jpg
これでやっと、内閣を支配できたので、これから、やりたい放題。って感じですか?安倍さん?

台風台風台風台風台風
imagesKSFWNZED.jpg
嘘 しか つかない自民党

台風台風台風台風台風
崩壊していないビルが映っているのに・・・
imagesDU5127XM.jpg
ビルが崩壊した!と伝えるBBCのニュース。
アメリカ同時多発テロ 911 にて
BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell 筋書があったのですね。 時間を間違えて読んじゃいました。 ってこと。 このニュースの後、ビルはちゃんと崩壊したので、結果オーライ? ふざけるな!! だから、メディアは、信頼してはいけないのです!!
しかも、WTC7は、 自由落下の速度でスピード崩壊。 WTC7_640W.gif
飛行機突っ込んでないのに、なんで??
明らかに意図的な爆破としか考えられませんね(金融事件の証拠隠滅工作と思われます)
人の命より金儲け。なんでもありか!!CFR!

台風台風台風台風台風
内海聡先生による 薬の話
内海聡医師による断薬セミナー
薬によるb層支配を知るべきです。命にかかわる問題です。

台風台風台風台風台風
当ブログ おすすめ著書
mmm.png
おすすめ著書はこちら


台風台風台風台風台風
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。