b層とは・・・b層(ビーそう)とは、小泉政権当時に「具体的なことはわからないが、小泉純一郎のキャラクターを支持する層」と定義されています。「みんながそうだから、なんとなくそう思う、テレビでいってたよ。そうなんじゃないの〜〜」という感覚で生きている人のことです。b層(ビーそう)は、自分がb層(ビーそう)だと気づいていません。そういう私も、つい最近までb層(ビーそう)でしたから・・・

覚醒の時・・・私はあるきっかけで覚醒することができました。その一つがニック・ロックフェラーと親交のあったアロン・ルッソ監督のインタビューです。これをきっかけに、アメリカ同時多発テロ911の真実を知り、私たちを支配する金融ユダヤ人の実際の組織CFRや、その創設者ロックフェラーを知るに至りました。ここで、リチャードコシミズ先生を紹介します。リチャードコシミズ先生の言説!『イルミナティだとか、フリーメーソンだとか・・・ CFR』 1/2 120128 は、より詳細に、より具体的に、真実を明らかにしてくれることでしょう。

日本における支配構造・・・世界の支配は一部のユダヤ金融資本(ロックフェラーCFRなど)ですが、日本においてはどうでしょうか?日本でも、ユダヤ人の手先として、ユダヤ人にしっぽを振りまくる犬たち(売国奴)が大勢います。ユダヤ金融資本にぶら下がった裏社会のマイノリティー勢力が、日本という国を完全に支配しています。我々は彼らの存在とその支配の歴史を正しく知ることが大切です。リチャード・コシミズ先生の言説(テーマ:児玉誉士夫)

第3回不正選挙・・・あなたの周囲に自民党に投票した人いましたか?自公で300議席を超える比率で、圧倒的に人気があったようですが・・・これ、本当でしょうか?私は信じられません。2014年12月14日の選挙は、第3回目の不正選挙でした。期日前投票箱のすり替え、偽票書きの事実(内部告発)、集計過程での改竄、つじつま合わせの白票投入、投票数より集計数が多い、などなど、次々に不正の事実が明らかになっています。不正選挙=国家転覆罪=死刑に値します。そうして誕生した安倍政権は、まさに、やりたい放題・・・TPP、消費税10%、集団的自衛権、秘密保護法案・・・息子を戦争で犬死させたくなかったら、あなたが行動するしかありません。2015年はb層の大覚醒の年としなければなりません!!たちあがれ、覚醒b層の世直しを!!

【覚醒b層の世直しブログ 注目の最新ニュースRSS】

2014年10月21日

A toxic president|President Obama has spent six years squandering it, and the administration’s confusion, contradictions and mistakes on Ebola fit the pattern. This is how he rolls.


引用:http://stateofthenation2012.com/?p=8153
obamahazmat-e1413703589464.jpg
A toxic president
By Michael Goodwin nypost.com
Chalk it up to karma, fate or bad luck. Whatever you call it, the Ebola scare is proof that Bad Things Happen to Bad Presidents.
The morphing of what is a single case into near panic is, according to medical experts, unwarranted. They point out that, so far, one person from Liberia died in a Texas hospital and two nurses who treated him got sick. Period, end of panic.
In rational and medical terms, they may be right. But their calculations omit another factor. It’s the X factor.
In this case, X stands for trust.
President Obama has spent six years squandering it, and the administration’s confusion, contradictions and mistakes on Ebola fit the pattern. This is how he rolls.
Don’t worry, there’s no chance of an outbreak, they said. Then it was, Oops, we must rethink all procedures for handling cases. Then there was no worry about a “wide” outbreak, yet quarantines for lots of people.
The irrational fear of an alien pathogen is fueled by rational suspicion of an incompetent and dishonest government. How did the so-called experts at the Centers for Disease Control and Prevention give Nurse No. 2 permission to travel by air, even though she had a mild fever?
That’s a great question − if only the CDC would answer it. “I have not seen the transcript of the conversation,” was Director Thomas Frieden’s lame answer.
Meanwhile, the most obvious move, a travel ban from affected countries, is rejected with unpersuasive claims about the need to get aid workers to Africa. It looks and smells like political correctness searching for logic.
There isn’t any logic, so bet your hazmat suit a ban will happen soon. It’ll be one way for the new Ebola czar to make a mark.
But it will take a miracle worker to restore Barack Obama’s credibility. While there are many things to say about his tenure, the one thing you cannot say is that the nation trusts him.
Poll after poll, on subject after subject, show a collapse. Consistently now, a majority of Americans say Obama is not trustworthy. Most think he’s a failure, many say he is incompetent and the vast bulk − 70 percent in some cases − says his key policies are wrong for America.
He is so unpopular that members of his own party don’t want to be seen with him, lest his failures spawn a political plague.
Against that backdrop, any emergency will cause the national yips. The rise of the Islamic State and its beheadings of two Americans did it, and now Ebola is doing it.
As “Ghostbusters” asked, who you gonna call? Certainly not this White House.
Credibility is like a reservoir or a bank account. You make deposits in good times so you can make withdrawals when you need them.
Obama never made the deposits. It’s been all downhill since Day One. He blames others for failures, and when cornered or ambitious, reaches for a lie. Routinely.
The claim that “if you like your doctor, you can keep your doctor” is a defining example, but hardly the only one. Don’t forget “shovel-ready jobs” to justify a trillion-dollar boondoggle. Or there’s “not a smidgen” of corruption at the IRS. And Benghazi was caused by an anti-Muslim video.
His lies are legion and now he’s like the boy who cried wolf. When he makes a national appeal on Ebola, the trust tank is empty.
If there’s one encouraging sign, it’s that Obama may sense he’s walking on thin ice. When Ebola started to dominate the news, he canceled two fund-raising trips.
Talk about miracles.

excite自動翻訳:
有毒大統領
ミハエルGoodwinによって nypost.com
それを業、運命あるいは不運のせいにしてください。
あなたが何をそれと呼んでも、エボラの恐れは悪いことが悪い大統領の身にふりかかるという証明です。
近いパニックの中への単一の場合であるもののモーフィングは、不当で、医療関係者によればあります。
それらは、これまでのところ、リベリアの1人がテキサス病院で死に、彼を治療した2人の看護師が気分が悪くなったことを指摘します。期間(パニックの終了)。合理的および医学用語では、それらは正しいかもしれません。しかし、それらの計算は別の要因を省略します。それは不確定要素です。この場合、Xは信頼を表わします。オバマ大統領はそれを乱費して、6年を過ごしました。また、政府のエボラ上の混乱、矛盾および誤りはパターンに適合します。このようにして、彼は回転します。心配しない、発生の偶然はありません、彼らは言いました。その後、それはありました(おっと)。私たちは、扱う場合のための手続きをすべて再考しなければなりません。その後、「広い」発生に関して心配はまだありませんでした、隔離する、多くの人々のために。
外国の病原体の不合理な恐れは無能で不正直な政府の合理的な疑いによってあおられます。
彼女は微熱を持ったが、疾病管理予防センターのいわゆるエキスパートは、どのように看護師に飛行機で旅行する2番許可を与えましたか。それは大きな質問です-もし、CDCがそれに答えたならば。
「私は、会話の記録を見ていません」がトマス・フリーデン監督の不完全な答えでした。
その間に、最も明白な動き(影響を受けた国々からの渡航禁止令)が、アフリカへエイドワーカーを得る必要に関する説得力がないクレームで拒絶されます。それは見て、ロジックを探索する政治的正当さのように臭いをかぎます。ロジックはありません。ですから禁止がまもなく起こるだろうと防護服に賭けてください。
それは、マークを作る新しいエボラ・ツァーには一方向でしょう。
しかし、バラク・オバマの信用を回復することは奇跡労働者を連れて行くでしょう。
彼の保有に関して言う多くの考えがありますが、言うことができない1つの考えは、国家が彼を信頼するということです。投票の後の投票、主題の後に主題上で、崩壊を示します。
一貫して、今、大多数のアメリカ人は、オバマが信頼できないと言います。
大部分は、彼は失敗であると思います。多数が、彼が無能であると言います。また、広大な容積(いくつかの場合での70パーセント)は、彼の重要政策がアメリカにとって間違っていると言います。
彼の失敗が政治的な疫病を大量に産まないように、彼は非常に不人気なので、自分のパーティーのメンバーは彼と見られたくありません。その背景に対して、どんな緊急事態も全国イップスを引き起こすでしょう。
イスラム国家の上昇および2人のアメリカ人のそのbeheadingsは、それをしました。また、今、エボラはそれをしています。誰(「ゴーストバスターズ」が尋ねるとともに、)あなた、呼び出しに行くこと
確かに、ない、このホワイトハウス。信用は貯蔵所または銀行口座に似ています。
それらを必要とする場合、撤回をすることができるように、好況時の中で頭金を払います。
オバマは頭金を払いませんでした。それは、初日以来すべて下り坂でした。
彼は失敗のために他のものを非難し、隅に追い込まれたか大志を抱いていた時嘘を取ろうと手を伸ばします。
慣例的に。「医者が好きならば、医者を維持することができる」というクレームは、定義する例だがほとんどないたった1つです。1兆ドルのboondoggleを正当化する「すぐ着工できる仕事」を忘れないでください。
あるいはそこに、である「ない、微量」IRSの腐敗の。また、ベンガジは反イスラム教のビデオによって引き起こされました。彼の嘘は軍団です。また、今、彼は、偽りの警報を出した少年に似ています。
彼がエボラに全国に訴える場合、信頼タンクは空です。1つの有望なサインがある場合、それは、オバマが、彼が危ない橋を渡っていることを感知するかもしれないということです。
エボラがニュースを支配し始めた時、彼は2つの募金の旅行を取り消しました。
奇跡について話してください。


引用おわり

是非原文d原文:http://stateofthenation2012.com/?p=8153

posted by 諦貴(たいき) at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

台風台風台風台風台風
安倍内閣は日本会議だらけですね。
BwwdCr2CcAA4TNU.jpg
これでやっと、内閣を支配できたので、これから、やりたい放題。って感じですか?安倍さん?

台風台風台風台風台風
imagesKSFWNZED.jpg
嘘 しか つかない自民党

台風台風台風台風台風
崩壊していないビルが映っているのに・・・
imagesDU5127XM.jpg
ビルが崩壊した!と伝えるBBCのニュース。
アメリカ同時多発テロ 911 にて
BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell 筋書があったのですね。 時間を間違えて読んじゃいました。 ってこと。 このニュースの後、ビルはちゃんと崩壊したので、結果オーライ? ふざけるな!! だから、メディアは、信頼してはいけないのです!!
しかも、WTC7は、 自由落下の速度でスピード崩壊。 WTC7_640W.gif
飛行機突っ込んでないのに、なんで??
明らかに意図的な爆破としか考えられませんね(金融事件の証拠隠滅工作と思われます)
人の命より金儲け。なんでもありか!!CFR!

台風台風台風台風台風
内海聡先生による 薬の話
内海聡医師による断薬セミナー
薬によるb層支配を知るべきです。命にかかわる問題です。

台風台風台風台風台風
当ブログ おすすめ著書
mmm.png
おすすめ著書はこちら


台風台風台風台風台風
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。