b層とは・・・b層(ビーそう)とは、小泉政権当時に「具体的なことはわからないが、小泉純一郎のキャラクターを支持する層」と定義されています。「みんながそうだから、なんとなくそう思う、テレビでいってたよ。そうなんじゃないの〜〜」という感覚で生きている人のことです。b層(ビーそう)は、自分がb層(ビーそう)だと気づいていません。そういう私も、つい最近までb層(ビーそう)でしたから・・・

覚醒の時・・・私はあるきっかけで覚醒することができました。その一つがニック・ロックフェラーと親交のあったアロン・ルッソ監督のインタビューです。これをきっかけに、アメリカ同時多発テロ911の真実を知り、私たちを支配する金融ユダヤ人の実際の組織CFRや、その創設者ロックフェラーを知るに至りました。ここで、リチャードコシミズ先生を紹介します。リチャードコシミズ先生の言説!『イルミナティだとか、フリーメーソンだとか・・・ CFR』 1/2 120128 は、より詳細に、より具体的に、真実を明らかにしてくれることでしょう。

日本における支配構造・・・世界の支配は一部のユダヤ金融資本(ロックフェラーCFRなど)ですが、日本においてはどうでしょうか?日本でも、ユダヤ人の手先として、ユダヤ人にしっぽを振りまくる犬たち(売国奴)が大勢います。ユダヤ金融資本にぶら下がった裏社会のマイノリティー勢力が、日本という国を完全に支配しています。我々は彼らの存在とその支配の歴史を正しく知ることが大切です。リチャード・コシミズ先生の言説(テーマ:児玉誉士夫)

第3回不正選挙・・・あなたの周囲に自民党に投票した人いましたか?自公で300議席を超える比率で、圧倒的に人気があったようですが・・・これ、本当でしょうか?私は信じられません。2014年12月14日の選挙は、第3回目の不正選挙でした。期日前投票箱のすり替え、偽票書きの事実(内部告発)、集計過程での改竄、つじつま合わせの白票投入、投票数より集計数が多い、などなど、次々に不正の事実が明らかになっています。不正選挙=国家転覆罪=死刑に値します。そうして誕生した安倍政権は、まさに、やりたい放題・・・TPP、消費税10%、集団的自衛権、秘密保護法案・・・息子を戦争で犬死させたくなかったら、あなたが行動するしかありません。2015年はb層の大覚醒の年としなければなりません!!たちあがれ、覚醒b層の世直しを!!

【覚醒b層の世直しブログ 注目の最新ニュースRSS】

2015年01月20日

イスラエル・モサド直営の偽イスラム過激派、ISISが日本を「テロとの戦い」偽旗作戦に引っ張り込むため、日本人二人の殺害を予告。ハリウッド式首切りCG、あやしい人質湯川某氏、傀儡安倍総理の珍演技、3つそろって、突っ込み所満載です。


引用:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150120/k10014825031000.html
K10048250311_1501201557_1501201601_01.jpg
イスラム過激派組織「イスラム国」のメンバーとみられるナイフを持って覆面をした男が、72時間以内に身代金を支払わなければ拘束している日本人2人を殺害すると脅迫する映像が、インターネット上に公開されました。
この映像には、去年拘束された湯川遥菜さんとフリージャーナリストの後藤健二さんとみられる2人がオレンジ色の服を着てひざまずかされている様子が映っています。
そして、2人の間に黒い服で覆面をかぶった男が立ち左手にナイフを持って英語で話しています。
この中で男は、「日本の総理大臣へ。日本はイスラム国から8500キロ以上も離れたところにあるが、イスラム国に対する十字軍にすすんで参加した。われわれの女性と子どもを殺害し、イスラム教徒の家を破壊するために1億ドルを支援した。だから、この日本人の男の解放には1億ドルかかる。それから、日本は、イスラム国の拡大を防ごうと、さらに1億ドルを支援した。よって、この別の男の解放にはさらに1億ドルかかる」と述べ、2人を解放するためには合わせて2億ドルを支払うよう要求しています。
さらに、「日本国民へ。日本政府はイスラム国に対抗するために愚かな決断をした。2人の命を救うため、政府に2億ドルを払う賢い決断をさせるために圧力をかける時間はあと72時間だ。さもなければ、このナイフが悪夢になる」と脅迫しています。
この映像の信ぴょう性については、まだ分かっていませんが、冒頭にNHKの国際放送「NHKワールドTV」が日本時間今月18日の未明に放送したニュースの映像が引用されていることから、18日以降に編集されたものとみられます。
シリアを管轄するヨルダンの日本大使館は「動画が配信されたことは承知している。邦人とみられる2人の殺害が予告されているが、その真偽については、現在、確認中だ。仮にこれが事実であれば、人命を盾にとって脅迫するのは許し難く、強い憤りを覚える。日本国政府としては、関係各国とも協力しつつ、早期解放に向けて、最大限の努力を尽くす所存だ」と話しています。

引用:http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_101.html
201410131215-00.png
イスラエル・モサド直営の偽イスラム過激派、ISISが日本を「テロとの戦い」偽旗作戦に引っ張り込むため、日本人二人の殺害を予告。
派手にハリウッド式首切りCGを流して日本人の馬鹿部門をビビらせる予定。
湯川某は、胡散臭さ100%。裏社会御用達の田母神チンドン屋大将とも接点。後藤?知らない。
妬みヤフと安倍反日偽総理もグル。この猿芝居に合わせて安倍統一教会晋三がイスラエル訪問。
なんだかつまらないです。ハリウッド映画のがまだましです。

引用:http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_142.html
141074410060823628228.jpg

141074384054952690228_fEWaf8T.jpg
スタジオで首切りインチキビデオを撮って砂漠の背景と合成し、「ISISのイギリス人殺害」だと騒いで、英国の空爆参加を正当化する。
あのー馬鹿ですか?じゃなくて、完全な馬鹿ですよね。信じられない馬鹿。
こんな手口がネット時代に通用すると思っていますか?
こんな汚い手口に怒った内部関係者が、捏造作業を盗撮して流出させる。
もう終わりですね。、ユダヤ金融バカ。
それにしてもISISの映像偽造スタジオ、立派ですねー。BBCか何かにあるんですか?w

引用:http://matome.naver.jp/odai/2140854770692566801
湯川遥菜さんについて

引用おわり

コシミズ先生の指摘のとおり、
完全にCGですね。
オレンジの服、黒服のナイフ男、背景の砂漠・・・
全く同じ手口です。

黒幕のユダヤ金融の連中の情報操作。

スタジオで撮影してるので、
撮影された2人の日本人もグルってことですね。

それを報道するメディアもメディアですが、
それを信じる政府も傀儡。

安倍総理は、
「人命を盾にとるテロ行為に強い憤りを感じる。
人命尊重の立場から、国際社会と連携をとり、最大限の対応をする」
とのことで、外遊の日程を変更して急遽パレスチナを訪問とのことです。

安倍総理の名演技を見た日本国民は、
信じちゃうんだろうな~~~
応援しちゃうんだろうな~~~
結局、2億ドル、払っちゃうんだろうな~~~
なんてったって、
国民はメディア報道を信じちゃってますからね・・・

まんまと、黒幕ユダ金の目的である
「日本を「テロとの戦い」偽旗作戦に引っ張り込む」
に誘導されてちゃってますよ。

このブログをお読みの皆さんは、どうでしょうか?
そろそろ、b層を卒業しなくてはいけません。
いつまでも、だまされ続けるのは、
もう止めにしませんか?

・ハリウッド式首切りCG、
・あやしい人質湯川某氏、
・傀儡安倍総理の珍演技、
3つそろって、突っ込み所満載です。

逆に、大覚醒を生むことを期待します!!

諦貴




posted by 諦貴(たいき) at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

集団的自衛権の根拠具体化 「存立事態」盛り込む「他国に攻撃」で自衛隊出動 内閣が調整

引用:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-01-19/2015011901_01_1.html
集団的自衛権の根拠具体化 「存立事態」盛り込む
「他国に攻撃」で自衛隊出動 内閣が調整
安倍内閣と自民党は、集団的自衛権を行使する場合の自衛隊の出動要件として、新たに「存立事態」という概念を自衛隊法や武力攻撃事態法に盛り込む方向で調整しています。集団的自衛権行使容認の「閣議決定」(昨年7月1日)を踏まえての安保法制整備の中心テーマの一つで、集団的自衛権行使の法律上の根拠を具体化するものです。 安倍内閣は、自衛権発動の新3要件に基づき、「日本の存立が脅かされる」と判断すれば、地理的な制約なく世界中に自衛隊出動を認めたい考えで、与党内調整を経て、26日召集予定の通常国会に改定案を提出します。自民・公明両党の水面下協議は昨年末から続いており、2月には公式協議に移行するとの観測も出されています。
 ただ、国民の批判が強いため、予算案の審議や4月のいっせい地方選への影響を恐れて、法案提出は5月の連休明けまで先送りする見通しです。
 安倍内閣は「閣議決定」で「他国に対する武力攻撃が発生」した場合に、「わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険」が生じれば、集団的自衛権の行使は可能としました。法律上、この状態を「存立事態」と定義し、自衛隊法が定める自衛隊の出動規定を見直すものです。しかし「(我が国の)存立事態」といっても、日本に対する攻撃ではなく他国に対する武力攻撃に「反撃」するためのもので、その本質は「他国事態」です。
 また、現行の武力攻撃事態法は、日本への武力攻撃が「発生」または発生する危険性が高まった(切迫)状態を「武力攻撃事態」と定義付け、首相の防衛出動命令で自衛隊が実力行使できると定めています。同法改定案にも、こうした規定に加えて「存立事態」を新設し、同盟国である米国への攻撃なども自衛隊の出動要件を満たすと位置付け、国民や地方自治体を動員することも狙っています。
引用おわり


なんでも、「閣議決定」なんですね。
それって、なんでもありに等しいと思いませんか?

解釈では、
「存立事態」=「他国事態」とのこと。

まさに都合のよい解釈ができる文言です。

都合のよい解釈 × なんでもありの閣議決定 = まさに、なんでもあり!

ですよね。

国民の圧倒的な指示を得た安倍政権は、
なんでもやりたい放題!!
戦争に向かって、まっしぐらってことですね。


諦貴




posted by 諦貴(たいき) at 20:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

フランス史上最大規模反テロ行進 世界の首脳の後ろがスカスカ|1月11日の午後、パリ中心部で開かれた歴史的な反テロ集会に大勢の群衆が押し寄せた。約370万人を超えたと報じられている。フランス政府によると、フランス史上最大規模の抗議活動となった。とのことですが・・・

引用:http://sayuflatmound.com/?p=7278
フランス史上最大規模反テロ行進 〜世界の首脳の後ろがスカスカ
Screen-Shot-2015-01-12-at-10_27_34-AM-1024x574.jpg
paris-2.jpg
スクリーンショット-2015-01-12-12_48_34.png
スカスカ写真ですが、中央白線の右に黒人の黒ハット、左にネタニヤフが確認出来ます
この群衆の先端にいたわけではないのですか?下矢印1
20150112k0000m030115000p_size8-300x148.jpg

引用:http://www.afpbb.com/articles/-/3036245?ctm_campaign=sp_cate_b
【1月12日 AFP】仏風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件などパリ周辺で起きた一連のテロ事件を受け、フランス各地で11日に行われ、同国のデモ史上最多の370万人が参加した反テロ集会の写真を集めた。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/11/paris-rally-je-suis-charlie-hebdo-terrorism_n_6453472.html
1月11日の午後、パリ中心部で開かれた歴史的な反テロ集会に大勢の群衆が押し寄せた。フランス全土でデモに参加した人数を合わせると、その数は約370万人を超えたと報じられている。フランス政府によると、フランス史上最大規模の抗議活動となった。
イギリスのデヴィッド・キャメロン首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、スペインのマリアーノ・ラホイ首相、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、そしてパレスチナ暫定自治政府のマフムード・アッバス議長など、世界各国の指導者もフランスのフランソワ・オランド大統領に賛同し、レピュブリック広場で行われた大規模集会に参加した。
この集会は、7日に発生した政治週刊紙「シャルリー・エブド」銃撃事件で亡くなった12人、パリの路上で射殺された女性警官、そしてユダヤ系食料品店立てこもり事件で殺害された4人の人質を悼み、イスラム過激派によるテロ攻撃に屈しない姿勢を示すものだった。

引用おわり

史上最大規模のテロ反対デモ。ってことにしたいようですね。
images.jpg
370万人を超え、史上最大規模のデモと報じられましたね。
イギリスのデヴィッド・キャメロン首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、スペインのマリアーノ・ラホイ首相、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、そしてパレスチナ暫定自治政府のマフムード・アッバス議長など、世界各国の指導者もフランスのフランソワ・オランド大統領に賛同し、レピュブリック広場で行われた大規模集会に参加したそうです。

でも、その後ろがスカスカってことは・・・

はい、すべて茶番劇ってことですね。

テロの被害を受けたフランスに、
世界中の同情の念を高めて、
イスラム国への憎しみを増大させる。

人と人とを対立させる憎しみの連鎖を生み、
しいては、世界中を戦争状態にするのが目的。

悪魔としか考えられません。
許せません。ユダヤ金融悪魔!!
言いなりメディア。
プロバガンダ・・・

常套手段です。

でも、やることは、幼稚ですけどね。

2015年になって、初笑いでした。
さゆふらっとさんに感謝。

諦貴








posted by 諦貴(たいき) at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

下げ止まらない原油安のあおりで、ついに米国のシェール関連企業が経営破綻した。開発を手掛ける「WBHエナジー」が米連邦破産法11条を申請、負債は最大5000万ドル(約60億円)に上るという。現在、原油価格は1バレル=46ドル台まで下落。わずか半年間で半値になっている。このまま暴落すれば、米国発金融パニックを引き起こしかねない。

引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156302/2
12a85eb42119671ff1862a7e5a24709c20150109130225573_262_262.jpg
下げ止まらない原油安のあおりで、ついに米国のシェール関連企業が経営破綻した。開発を手掛ける「WBHエナジー」が米連邦破産法11条を申請、負債は最大5000万ドル(約60億円)に上るという。
 現在、原油価格は1バレル=46ドル台まで下落。わずか半年間で半値になっている。このまま暴落すれば、米国発金融パニックを引き起こしかねない。経済評論家の斎藤満氏はこう言う。
「この原油安は複合的要素が絡み合っています。米国のシェール革命で供給は増えたものの、油をガブ飲みしていた中国経済が失速。その上、米国が金融緩和終了を決めたため、原油先物市場に流れ込んでいたマネーが逃げ出した。産油国の足並みがバラバラで、減産による価格維持もできない。米国のシェール産業に打撃を与えたいサウジアラビアの思惑もあり、値崩れは避けられそうにありません」
体力勝負になれば、サウジが有利になる。1バレル当たりの生産コストはサウジの3〜4ドルに対し、米国のシェールオイルは60〜70ドルといわれている。しかもサウジは20ドルまで下げても減産しない構えだ。
「〈底値20ドル〉はひとつの節目。石油メジャーのロックフェラーグループも20ドル許容姿勢を見せています。ロックフェラーと距離が近い元日銀審議委員の中原伸之氏(元東燃社長)も〈20ドル程度まで下がっても不思議ではない〉と見通しています」(商社関係者)シェール関連企業がバタバタと倒れたら、金融パニックは必至だ。「シェール関連企業が発行するジャンク債は2000億ドル(約24兆円)を超え、借り入れもあわせれば4000億ドル(約48兆円)ともいわれています。次々に破綻してそれがパーになれば、市場への打撃は相当なもの。どこもかしこも無傷ではいられません」(斎藤満氏)リーマン・ショックの悪夢がよみがえる。

引用:http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_10/281991785/
9313646747_33ec265ae3_b.jpg
米シェール石油採掘の筆頭企業が倒産
シェールガス、 石油の採掘を行っていた米国企業WBHエナジーは倒産を宣言した 。同社の倒産は国際原油価格の急落を背景にしたもの。米国連邦倒産法第11条による倒産申請は来週にも行われる。
WBHエナジー社はテキサス州に本拠を持つ。 NHKの報道によれば過去数ヶ月の原油価格の下落で5000万ド ル負債を抱えた。WBHエナジー社倒産のニュースで、 原油価格の下落による石油企業の倒産が相次ぐのではないかとの危 惧感が走っている。

引用:http://biz-journal.jp/2013/05/post_2072.html
シェールガス・バブルの終わりが始まった。米シェールガス会社が倒産した。
 日本経済新聞電子版(4月2日付)は「米石油・天然ガス開発会社のGMXリソ−シズは1日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を、オクラホマ州の裁判所に申請したと発表した。米国では新型天然ガス『シェールガス』の生産量が急増した結果、ガス価格が低迷。資金繰りに行き詰まった。昨年12月時点の負債総額は4億5900万ドル(約427億円)」と報じた。
 米国は近年、「シェール革命」に沸いた。シェールガスとは地下2000〜3000メートルにある泥土が堆積したシェール(頁岩=けつがん)と呼ばれる硬い岩盤層に含まれる天然ガスのことで、採掘技術が確立されたことで、生産が本格化した。米国の可採埋蔵量はサウジアラビアの3倍を優に超えるとされる。シェール革命によって化学や石油・ガス産業が牽引して米国経済を飛躍的に発展させ国際競争力を取り戻す、と声高に言われてきた。かくして、かつてのゴールドラッシュさながらにシェールガスの開発ラッシュが起きた。シェールガスの大量生産によって天然ガス価格の急激な低下を引き起こした。米国内の天然ガス価格は2008年には100万BTU(英国熱量単位)当たり7〜8ドルだったものが、12年には3ドルを割った。
 シェールガス価格の下落は化学産業や電気・ガスなどの公益事業の収益を好転させた。シェールガス革命がニューヨーク株式市場の株価上昇を支える一因となっている。
 しかし、ガス価格の下落によって石油開発業者は窮地に立たされた。売り上げは減って、借金の山だけが残ってしまった。資金力のない業者の倒産を皮切りに、シェールガス・バブルは弾けると専門家たちは考えていた。GMXリソ−シズの倒産はシェールガス・バブルの終わりの始まりを示す、不吉な兆候なのである。
タイム・ラグのある日本ではシェールガス・バブルが花盛りだ。大丈夫なのか。
安倍晋三首相とオバマ大統領との日米首脳会談で、シェールガスの対日輸出解禁についてオバマ大統領が前向きな姿勢をみせたことから期待が高まった。安価なシェールガスの輸入が実現すれば、電気料金値上げ圧力が弱まり、国内産業の燃料費の抑制にもつながる。原子力発電所の運転停止で火力発電所の燃料用として液化天然ガス(LNG)の輸入が急増し、12年1年間で輸入額は6兆円を上回った。これが過去最大の貿易赤字の大きな要因となった。日本政策投資銀行はシェールガスの輸入が実現すれば、現在の割高なLNGの価格交渉で日本にとって不利な契約が見直される可能性がある、とみている。最大のネックは原油価格に連動した契約になっている点だ。そうなれば日本のエネルギー調達費用は2020年の時点で現在の水準より最大15.2%削減できると試算している。世界最大のLNG輸入国の日本の調達価格は、少し下がったとはいえ15ドル程度。シェールガスは米国では、我が国のLNGの輸入価格のおよそ5分の1で取引されてきた。米国からの輸入が可能になればタンカーで日本に運ぶ輸送経費を含め8〜9ドル程度に抑制できる。
米国産シェールガスの輸入は、政投銀が予測したようにLNGの輸入価格の引き下げ交渉の有力なカードになる。エネルギー調達費の高騰に歯止めをかけ、電気料金の抑制につながると期待されているのだ。
早速シェールガスの輸出解禁に向けて動き出した。東京電力は、東京湾に臨む富津火力発電所(千葉県富津市)でシェールガス解禁を見込んで今後10年間で総額400億円を投じ、LNGタンクを増設する計画を進めている。東電は調達するLNGの半分に相当する約1000万トンを安価なシェールガスに置き換える方針。すでに三井物産などと輸出解禁が見込まれる2017年以降にシェールガスを輸入する契約を結んでいる。
東京株式市場ではシェールガス関連銘柄として小型材料株が注目を集めた。石油、LPG等のタンク専業メーカーの石井鐵工所(東京都中央区)、石油・天然ガスの探鉱の段階から掘削、仕上げ、生産を経て出荷に至るまで使用される一連の機器や技術を提供している極東貿易(東京都千代田区)などが買われた。
だが、シェールガスにバラ色の夢は描かない方がいい。シェールガスが安いガスであり続ける保証はないからだ。英国の政治学者、ナフィーズ・モサデク・アーメド氏(ブライトン開発政策研究所所長)の『大いなるペテン、シェールガス』と題する論文が反響を呼んだ。「ル・モンド ディプロマティーク」日本語・電子版(2013年3月号)で読むことができる。
 多くの専門家(地質学者、弁護士、市場アナリスト)たちが抱いていた「故意に、不法なまでに採掘生産量と埋蔵量を多く見積もっている」との疑惑を検証した内容になっている。シェール革命は短期間に瞬発力を発揮したが急激な天然ガスの価格低下を引き起こし、世界の大手石油会社に莫大な損害が生じた、と結論づけた。
 大手石油会社の2〜3社が倒産してシェールガス事業から撤退。「シェールガス価格は高くなり、高騰すらして落ち着くだろう」という専門家の最悪のシナリオを伝えている。
 シェールガス会社が倒産するという予測は、GMXリソ−シズの破産で的中した。シェールガス・バブルが弾け、次にくるのは天然価格ガス価格の上昇だ。
 LNGとして日本に輸入する場合、液化と輸送費でそれぞれ3ドル(合計6ドル)程度のコストがかかる。米国内の天然ガス価格が8ドル超まで上昇すれば、調達コストは14ドルを超える。現在15ドル程度の原油連動価格との価格差がなくなる。シェールガスの輸入でうまくいくというのは幻想でしかないのだ。
 そもそも日本のLNG調達戦略の最大の問題は、電力・ガス会社が個別に小口の長期契約を結んできた点にある。エネルギー安保のイロハが判っていない。まずは官民挙げて産出国とのLNG価格の是正交渉をやるべきだ。シェールガスはその次でいい。
 シェールガスの日本向け輸出の解禁を前に、ガスの価格が上がっている。今年に入って、NYの先物相場は3割上昇し、さらに、先高期待が強い。
 4月18日にNYの先物相場が100万BTU当たり4.4ドル台と、1年9カ月ぶりの高値をつけた。昨春の安値の2.4ドルの2倍の水準になった。
 安価なシェールガスの登場で採算が悪化した企業がガスの生産を縮小しているという構造的な要因もある。米金融大手、ゴールドマン・サックスは今年のガスの平均価格の見通しを、従来予想より17%引き上げ、100万BTUで4.4ドルとしたのが価格上昇の引き金になったとの見方もある。
 輸出許可を申請している米LNG事業のうち、日本企業が加わっているのは中部電力・大阪ガスが参画するものなど3つ。100万BTU当たり7ドルにまで上昇すると完全に割安感はなくなる。遅くても5月にはシェールガスの対日輸出が解禁される見込みだが、バラ色の夢は急激に萎んできた。
電力業界の姿勢にも問題あり
経済産業省は関西電力と九州電力の電気料金の値上げの審査で、「2015年度以降のシェールガス購入による燃料費の削減」を求めた。
 これに対して電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長)は「現実に日本に輸入されるのは17年以降。努力の範囲を超える」と反論した。シェールガスの輸入を米国以外のLNG産出国との価格交渉に利用することについても「相手があることだ」という消極的な姿勢だ。
 電気料金の算定基準が原価主義(エネルギー原価などに電力会社の諸経費をオンさせたもの)である限り、電力各社は、まったく経営努力をしないことが明々白々だ。電気料金の原価主義を止めること。LNGの輸入契約を原油連動方式でなくすこと。これをやらない限り、電力・ガス業界の経営トップの意識は変わらない。電力・ガス会社のトップがこのままなら、シェールガス革命など絵に描いたモチになる。
 日本のシェールガス革命は早くも八方塞がりである。

引用おわり

米国のシェール関連企業「WBHエナジー」が米連邦破産法11条を申請。
このニュースは、大変大きなニュースです。

シェールガスの最大手ですから、これから連鎖倒産がドミノ式に続くことも予想され、
シェール関連のデリバティブ関連業界の含み損も加えれば、
リーマン・ショックよりも大きい衝撃となることは、
間違いありません。

そもそも、ロシアに打撃を加えるために、原油安を仕掛けたのですが、
ロシアは耐え抜き、
逆に、仕掛けた側に思わぬ打撃として、返ってきた構図。

もともと、シェールガスで資源革命を!などと、
まだまだアメリカの底力があるんだよ!という、
市場へのメッセージ作りを行ってきたアメリカの、
化けの皮が剥がれたということでしょう。

それにしても、全くメディアは報道しない。
いつものことですが・・・

2015年、経済にも大きな変化がある年と考えて、
間違いないと思います。

諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

紅白歌合戦、桑田佳祐ライブ「ピースとハイライト」に感動!!桑田さんは何者かをイメージさせる意味深なちょび髭姿で熱唱していたとあるが、あれは、完全にヒットラー。ピースとハイライトは、タバコの名前にひっかけて、 平和と high Right =右翼 との解釈もあるようだ。そしてなにより、歌詞のメッセージ性が素晴らしい。感動をありがとう!!2015年は大覚醒の年に!!


引用:https://www.youtube.com/watch?v=-qRqeSC7sE0


引用:http://bylines.news.yahoo.co.jp/mizushimahiroaki/20141231-00041952/
横浜からの中継で登場したサザンオールスターズの桑田圭祐が歌った「ピースとハイライト」が目を引いた。
強いメッセージ性を持った「ピースとハイライト」の歌詞。
現在のどこかキナ臭い時代への批判精神に満ちたものだった。
著作権の問題があるので歌詞のすべてを掲載することができないが、以下のHPで読むことができる。

http://www.uta-net.com/movie/150317/   
「教科書」「歴史を照らし合わせる」など、今の時代を表す言葉が次々に出てくる。
「都合のいい大義名分」という歌詞では、「大義名分」を「かいしゃく」と歌った。
まるで2014年に起きた「ある出来事」とも符号する。
「癒合のいい解釈」で憲法が事実上変更された、とされた出来事だ。
もっともこの歌が発表されたのは2013年6月。
発表後には「歌詞に政治色が強い」などと一部から批判も出ていた。
「硬い拳を振り上げても」というフレーズは、日本た周辺国の指導者たちをたしなめる言葉に聞こえている。
「裸の王様牛じる世」という言葉も、各国の指導者たちの顔が浮かんでくるではないか。
国同士がいがみ合ったり、拳を振り上げるでのはなく、お互いに理解し合えばいい。
そんな歌詞が大晦日の全国のお茶の間に届けられた。
現在、日本は近隣諸国との間で領土をめぐって緊張が高まっている。
歴史認識でも近くの国同士が批判し合っている。
そんななかで日本も武器輸出が容認され、アメリカ軍との連携がますます進み、軍事色は一気に強まっている。
「愛の力」で現状を変えていこうと訴えるこの歌の歌詞。
ジョン・レノンの「イマジン」を思い起こさせる曲だ。
日本では珍しい平和へのメッセージソング。
その歌詞の意味を改めて噛み締めたい。
歌ったサザン、そして放送したNHKの勇気が伝わってきた。
そういう意味では2014年大晦日の紅白歌合戦は、歴史的な一瞬があった。

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/9632365/
31日放送の「第65回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)で、サザンオールスターズが急遽出演しちょび髭を付けた桑田佳祐が政治的な歌詞の「ピースとハイライト」を熱唱した。
番組では、サザンオールスターズが「ピースとハイライト」「東京VICTORY」の2曲を横浜アリーナから中継する形で歌い上げた。
中居正広はサザンオールスターズの出演は2、3日前に決まったと明かすと、有働由美子アナウンサーは31年ぶりの出演であると補足した。
「ピースとハイライト」の歌詞には権力や大義名分による戦争など社会情勢の風刺するかのような文言が盛り込まれていた。
桑田佳祐は何者かをイメージさせる意味深なちょび髭姿で熱唱していた。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=-qRqeSC7sE0


引用おわり

桑田佳祐は何者かをイメージさせる意味深なちょび髭姿で熱唱していたとあるが、
あれは、完全にヒットラー。

タイトルの「ピースとハイライト」は、タバコの名前にひっかけて、
平和と High Right =右翼 との解釈もあるようだ。

そして、歌詞のメッセージ性が素晴らしい。
「教科書」・・・一番知りたいのは現代史なのに、時間切れでカット、WHY??
「歴史を照らし合わせる」・・・歴史をよく学び、今の政治を見よ。着々と戦争に向かってるんだよ。
「癒合のいい解釈」・・・憲法9条の解釈変更(安倍政権は戦争をしたいとしか思えない)
「硬い拳を振り上げても」・・・アメリカの独裁・暴挙。許せない。戦争では何も解決しない!
「裸の王様牛じる世」・・・政治家は演じてるだけ。まさに裸の王様。裏で牛じる巨悪の存在を知らねばならない。
などなど。

国同士がいがみ合ったり、拳を振り上げるでのはなく、お互いに理解し合わなくてはならない。
日本を取り巻く近隣諸国との緊張や、歴史認識など、国同士が批判し合っている。

そんななかで、
日本も武器輸出が容認され、アメリカ軍との連携がますます進み、軍事色は一気に強まっている。

完全に戦争に向かっているのである。

それを、
「愛の力」で現状を変えていこうと訴える桑田さんに拍手!!

僕は、感動しました。
久しぶりに胸にこみ上げるものがあり、
年末にとてもいいものを見せて頂きました。

桑田佳祐さんは、真に日本国と日本国民を思う真の日本人です。
そう確信しました。

金融ユダヤの人を人とも思わない謀略と、
戦後70年の支配の歴史、
世論を操るプロバガンダの歴史。
人を人とも思わない大量殺人の歴史・・・
そんな現代史の真相を見抜いた桑田さんの強いメッセージを感じました。

桑田さんのメッセージを受けて、
私たちは、覚醒しなければなりません。

どうしたら、この国を正しい方向に修正できるのか?

2015年、この歌詞の意味を噛み締めて、
現状を正しく認識し、
みんなで行動をおこさねばなりません。

2015年は、必ずや大覚醒の年に!!!!

桑田さん、
感動をありがとう!

諦貴



posted by 諦貴(たいき) at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

プーチン大統領の「日本に捧げる詩」と、2015年の大覚醒について

プーチン大統領の「日本に捧げる詩」と、2015年の大覚醒について

引用:https://www.youtube.com/watch?v=SNARR14UZOM#t=193



「日本に捧げる詩」

地球が痛みでうめき声をあげた

自然の強さに全世界がショックを受けた

あらゆるものを水は深海に流した

しかし、何があっても太陽は東から昇る

自然の暴力は光に勝てない

我々の神様が地球のあらゆる生命を守ってくれますように

桜が咲く公園はたくさんあることを

鳥が春の歌を歌えることを

旗が勝利の祝いで挙げられることを祈る

子供たちが大人たちへと願う

友の皆さん 

手をつないで

我々がこの地球において

一つの家族になっていることを

忘れないでほしい。

フジテレビがカットした美しい感動のシーン
手をつなぎ.png

3・11地震波形が映し出された画像
地震波形.png


引用おわり

ロシア プーチン大統領は、
2011年フィギィア選手権のオープニングで、
3.11東日本大震災の地震波形を全世界に示しました。

また、日本に捧げる詩の中で、
「地球が痛みでうめき声をあげた」と表現。
追悼の意を示し、1分間の黙祷を捧げました。
「あらゆるものを水は深海に流した」
と「深海」というキーワードを示し、
「何があっても太陽は東から昇る」
日本に対する復興のエールを送りました。

しかし、私たちの多くは、この事実を知らないのです。

その理由は、フジテレビが映像を放送しなかったからです。
全世界に放映されたが、日本では放映されなかったのです。

メディアの情報操作は、現在でも続いています。
(愚痴を言っても仕方なし。信用する方がバカである)


ありがとう。プーチン大統領。


本当のことに気づいた日本人は、
あなたの真実の目に共感し、
あなたのエールを受けて力を得ました。

そして、行動をおこします。

2015年は、覚醒の年に!!
多くの方が真実に触れ、
心の底から覚醒し、
行動をおこす年になりますように!!

3.11で奪われた多くの尊い命を無駄にしないよう、
真実追及を止めてはいけません。

人の道を示したプーチンに対して、
人を人とも思わない一部の悪魔に鉄槌を!!

もう、私たちは、同じ手に騙されない。
一握りの悪魔VS人類の戦い。

2015年は多くの覚醒が噴出する
歴史の変換点となる年になると確信します。


フジテレビがカットした美しい感動のシーン
手をつなぎ.png


3・11地震波形が映し出された画像
地震波形.png


皆さま、よいお年を!!

諦貴



posted by 諦貴(たいき) at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

憲法9条について

もしも、憲法9条が変更になったら・・・

憲法9条って?
99.png

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC9%E6%9D%A1

日本国憲法 第9条(にほんこくけんぽう だい9じょう)は、日本国憲法の条文の一つで、憲法前文とともに三大原則の1つである平和主義を規定しており、この条文だけで憲法の第2章(章名「戦争の放棄」)を構成する。この条文は、憲法第9条第1項の内容である「戦争の放棄」、憲法第9条第2項前段の内容である「戦力の不保持」、憲法第9条第2項後段の内容である「交戦権の否認」の3つの規範的要素から構成されている[1]。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。

引用おわり

戦争を知らない世代にとって、
学校の授業でしか、憲法9条のことを学びませんが、

戦争を経験した世代にとっては、
この「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素からなる
日本国憲法の重要性は十分に知るところです。

その憲法の中でも、この第9条が最も重要な部分です。

さて、
戦争を知らない世代も、
この条文について、十分にその意味を知り、
現在でも紛争を繰り返している愚かな人類に対して、
唯一の被爆国日本が、
世界平和を訴え、世界をリードしてゆくべきなのです。

その際に、厄介なのが、
プロバガンダの存在です。

つまり、テレビ、ラジオ、新聞、週刊誌、インターネット
などのメディアの、宣伝(誘導)のこと。

もしかして、
・中国のことを嫌い。
・韓国のことを嫌い。
・北朝鮮のことを嫌い。

などと、思っていませんか?

私の意見は次の通りです。

もし、その考えが、本当に自分の意見なら、
私はその考えを尊重します。

しかし、その考えが、メディアが作り出したもの、
「テレビで言ってたから」とか
「インターネットに書いてあったから」とか、
そのような理由で形造られたものであれは、
私はその考えを尊重しません。

つまり、現在の日本(2014年12月現在)は、
日本を含む極東地域において、
特に中国と日本を戦争状態にすることを
裏で仕組んでいる勢力があるためです。

イスラム国の問題で、紛争が絶えない中東と、
新たに極東において、近い将来、戦争を起こしたいと
考えて、その準備を着々と進めているのです。

すべてではありませんが、
ほとんどのめメディアは、その裏勢力の言いなりであり、
加担している状態です。

ですから、ニュースのすべてが悪い訳ではないのですが、
特に、隣国との友好関係を否定するような情報には、
とくに注意が必要だということです。

第1次世界大戦も、第2次世界大戦も、
戦争プロバガンダが世論を誘導し、
結果、全世界を巻き込んだ戦争に突入した歴史があるからです。

現在、着々と、
第3次世界大戦の火種を作っている裏の勢力にとって、
最も重要なものは、メディア誘導=プロバガンダであり、
昔も今も何ら変わらないのです。

同じ、パターンのだましに、
簡単に騙されないようにしなければなりません。

また、メディアは、
次のような手も使います。

政治・経済に興味を持たせないように誘導する。
=クイズ番組、スポーツ番組、芸能ニュースなどで紙面を一杯にして、
重要な政治的なニュースを埋没させる方法。

これも、プロバガンダの一種です。

結果、
・自分で考えない。
・思想・信条を持たない。
・政治経済に興味すらない。

そのような、多くの若者を生み出し、

逆に、
・思想を持つ=右翼、左翼。
・信条を持つ=大声でシュプレヒコールを上げる怪しい軍団
・政治経済を語る人は怪しい。

などのレッテル貼りや、
わざと怪しい危険な行動をして、
悪いイメージを定着させる偽右翼や、偽左翼の誘導活動も目に余ります。

どちらにしても、
裏勢力の思い通り、
着々と、日本は戦争のできる国に向けて、
突き進んでいるのです。

もしも、憲法9条が変更になったら・・・

その答えは、述べるまでもありません。
「戦争」です。

現に、第2次安倍政権は、
秘密保護法案、集団的自衛権など、
戦争に向けて着々と法案を整備してゆきますし、
世界に誇るべき日本国憲法第9条の解釈変更を、
目指しています。
核技術を保持するため、必要のない原子力も廃止しません。
つまり、いつでも戦争のできる国を目指しています。

自分や自分の家族、自分の息子を、
戦争で犬死させてはいけません。

人を人とも思わない、戦争は金儲けだと考えている、
一部の裏勢力のために、
なぜ、尊い命を差し出さなければならないのか?

今、準備段階で気づいて、糾弾しなければ、
止められず、突入するしかない事態になってしまうのです。

【そうならないための予防策】
・プロバガンダを意識して、排除する。
 取り入れた情報をう鵜呑みにしない。
・裏で誘導している勢力の目的を知る。

【対処方法】
・もし、9条が改正され、徴兵制が義務化されても、
 絶対に参加しない。参加させない。
・牢屋に入っても、絶対に国家の戦争に加担しない。
・リチャードコシミズ理論に触れる

【さいごに】
平和な世には、想像もできない話かもしれませんが、
憲法9条の変更は絶対に阻止しなければなりません。
今のうちから、私たちは正しい情報を取り入れて、
正しい思想と信念を構築し、備えなければなりません。
自分や家族、特にこの国の未来を担う次世代の子供たちのために。



諦貴







もしも、憲法9条が変更になったら・・・















posted by 諦貴(たいき) at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

安倍政権が日本の“軍国主義化”に向かって動き出した。海外に武器を輸出する日本企業に支援金制度を創設するのだ。防衛省は18日にも有識者による検討会を立ち上げ、今後は財政投融資などを活用した資金援助制度を創設。武器輸出企業に長期で低利融資するという。

引用:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155885
d32555e732c232538405793a58ac11bc20141218134714823_262_262.jpg
安倍政権が日本の“軍国主義化”に向かって動き出した。海外に武器を輸出する日本企業に支援金制度を創設するのだ。防衛省は18日にも有識者による検討会を立ち上げ、今後は財政投融資などを活用した資金援助制度を創設。武器輸出企業に長期で低利融資するという。
 さらに経産省と連携し、防衛産業振興のための補助金制度の創設なども検討する。武器を輸出するだけでなく、整備や補修、訓練支援なども含めたパッケージとして販売するというから、日本は本格的な武器輸出国家に変貌するわけだ。
 いまに始まった話ではない。4月1日、政府は武器輸出三原則に代わる「防衛装備移転三原則」を閣議決定した。武器輸出の原則禁止から“輸出できる国”に方向転換を決めたのだ。
「日本の武器技術は世界のトップクラスです。とくにセンサーやロボット、誘導ミサイル装置、戦車のエンジン、リチウムイオン電池は注目の的。インドは海自の救難飛行艇を2、3機欲しがっているし、オーストラリアはそうりゅう型潜水艦を12隻発注したいと打診しています。潜水艦は1隻800億〜900億円だから、1兆円を超える取引。これまで三菱重工や川崎重工など兵器を手がける企業は政府が本気なのか疑心暗鬼でしたが、安倍首相は堂々とお墨付きを与えたことになります」(軍事評論家の神浦元彰氏)
引用おわり


安倍政権が日本の“軍国主義化”に向かって動き出しましたね。
武器輸出企業に長期で低利融資するとは。
武器を輸出するだけでなく、
整備や補修、訓練支援なども含めたパッケージとして販売するというから、
日本は本格的な武器輸出国家に変貌するわけだ。
まさにその通りです。
選挙で圧倒的な指示を勝ち取った安倍政権は、
これから、どんどん、やりたい放題ですね。
軍国主義化。
遂には、国防軍でも創設しますか?
たぶん、着々と進めていると思います。
集団的自衛権も、
憲法改変も、
秘密保護法案も、
まさに、日本を戦争ができる国にするため。
そろそろ気づきませんか?
安倍という人のやろうとしていることが、
この日本を破滅に向かわせることばかり。
安倍さんがそんなことするはずない??
なんて、本当にそう思ってるんですか?
そうなら、本当にあなたはお人好し。
どうぞ、自分の子供を、戦争に行かせてください。
どこかの誰か=戦争でお金儲けしたい人たちのために、
息子の尊い命を捧げてください。
あなた自身が、戦争に行って、真っ先に犬死してください。
そんな、国にしようとしいていることに、
そろそろ気づかなくてはいけません。
そう、覚醒しなければ!!
2015年は、b層の大覚醒の年に!!
をスローガンに、情報発信を続けます。

諦貴


posted by 諦貴(たいき) at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

ユダヤ人には弱く韓国には意地悪い産経


引用:http://japanese.joins.com/article/781/193781.html?servcode=100§code=120&cloc=jp|main|ranking
日本の産経新聞が独ナチ政権のユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を偽りだと主張した本の広告を載せ、ユダヤ人団体の抗議を受けると、速やかに謝罪した。新聞に謝罪文を掲載しただけでなく、社長名義の謝罪書簡を米国のユダヤ人団体に伝えた。
産経新聞は先月26日、東海・北陸地域に配達される新聞に「ネットジャーナリストがユダヤ独裁国家アメリカの謀略を暴く!」と題した全面広告を掲載した。広告ではブロガーのリチャード・コシミズの寄稿と彼が書いたユダヤ人批判書籍3冊に関する紹介が書かれている。「ホロコーストは神話であり、2011年の東日本大震災は米国の軍部によって引き起こされた」というあきれる主張とともに「チャーチル、ルーズベルト、スターリン、ヒトラーはユダヤ人だった」という内容もある。
これに対し国際ユダヤ人人権団体サイモン・ヴィーゼンタール・センターの副所長でありラビであるエイブラハム・クーパー氏が4日、産経新聞に抗議書簡を送った。書簡は「サイモン・ヴィーゼンタール・センターは最も強い語調で、産経新聞が真実を追求するジャーナリズムの責任をわずかなお金で売り飛ばしたことに抗議する。あなたたちの新聞がこのような中傷謀略の根拠のない主張に紙面を提供し、憎悪と反ユダヤ主義を正当化している」と批判した。
すると産経新聞は6日の新聞に熊坂隆光社長の謝罪文をのせた。産経新聞のワシントン支局長らがクーパー氏を訪ね、熊坂社長の謝罪書簡を伝えた。書簡には「抗議を真摯に受け止め、誠実に対応するとともに厳正に対処する」と書かれていた。
産経新聞の謝罪は普段の韓国に対する報道態度とは対照的だ。産経新聞は韓国に対し「言いつけ外交は民族的習性のせい?」「慰安婦は死んでも反日道具」という扇動的な主張をしたこともある。広告でもなく記事を通じてだ。
産経新聞はユダヤ人団体の抗議には礼儀をわきまえて謝罪しながらも、韓国人を刺激することは何ともないようだ。米国でユダヤ人は政治・経済・言論・文化などで強大な影響力を行使する。力のあるユダヤ人には弱いが、隣国韓国の傷口にはむやみに塩を塗る理由が知りたい。産経新聞の「韓国たたき」で日本が何を得るのかも疑問だ。韓国を小人国にすれば日本が大人国になるわけではないからだ。大人国は他国の大統領に対して無礼に「独身大統領の男女関係報道が名誉毀損なのか疑問」というメディアではなく、一貫した基準と品格を持つメディアが存在する国から出てくる。
引用おわり

リチャード先生の言説は、
力強く、そして、わかりやすく、真実を語ります。
いままで、b層だった私も、
RK理論のお蔭で、必要な知識を得て、
世の真実が理解できるようになってきました。
お蔭で、メディアの伝える報道が格段に面白く感じられるようになりました。
その報道の裏側は?なんて視点は、
今までなかったなぁと感じます。
独立党のみなさんは、大変レベルが高い。
裏の裏まで見事に見抜いておられます。
それを率いる党首のコシミズ先生のブログを、
必ずチェックする人。
これから、ますます増えると思います。

今回の騒動は、
リチャード先生が全面広告を出したことを発端とし、
ユダヤ言論監視機関から産経新聞にクレームが入って、
産経新聞の社長が謝ったということなんですね。
このニュースで、コシミズ先生の名前が、
一気に有名になりました。
検索する方も段違いに増え、
過去の動画を見て、覚醒された方も多いと思います。

リチャード先生は、
裏社会のオウンゴールとおっしゃってます。
まさに、その通り。
選挙を目前に、
覚醒者が増えることを、切に願います。

諦貴

posted by 諦貴(たいき) at 19:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

911で飛行機も激突していないWTC7が何故崩壊したのか?しかも、自由落下のスピード崩壊で。 よっぽど、隠滅したいものがビルにあったのでしょう。明らかに故意に爆破され崩壊したとしか考えられません。 バカメディアが、崩壊前に「WTC7が崩壊しました」と報道するなど、いろんな陰謀の証拠が世間にさらされたWTC7崩壊の事実を、あなたは素通りしてはいけません。


引用:http://stateofthenation2012.com/?p=8248

引用おわり

911で飛行機も激突していないWTC7が何故崩壊したのか?
しかも、自由落下のスピード崩壊で。
よっぽど、隠滅したいものがビルにあったのでしょう。
明らかに故意に爆破され崩壊したとしか考えられません。
バカメディアが、崩壊前に「WTC7が崩壊しました」と報道するなど、
いろんな陰謀の証拠が世間にさらされたWTC7崩壊の事実を、
あなたは素通りしてはいけません。

誰が、何の目的で、こんな謀略を行ったのか?

人の姿をした悪魔がこの世には存在します。
彼らは、少数ですが、我々を何百年もかけて、
支配してきました。

支配の方法は、至って簡単な方法。
だましと恐怖による支配です。
だまし=自作自演=彼らの常套手段。
恐怖=戦争=彼らの主な収入源。

悪魔は、なんでも悪をします。
考えられる悪のすべて。
戦争、麻薬、殺人、詐欺、破壊、爆破、核汚染、核爆発、人工地震、空爆、隠蔽、毒物、監禁、拘束、冤罪、不正選挙、賄賂、などなど・・・・・

それに気づき、覚醒した人が、
真実を叫び、奴らの謀略を暴露し、
次の陰謀を予測してゆく。

あなたも、事実を目にして、
そのまま素通りせず、
覚醒者として、声を上げてください。

そんな方が一人でも増えて、
この世から悪魔を抹殺しなければなりません。

次世代の子供たちのために

諦貴



posted by 諦貴(たいき) at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
台風台風台風台風台風
安倍内閣は日本会議だらけですね。
BwwdCr2CcAA4TNU.jpg
これでやっと、内閣を支配できたので、これから、やりたい放題。って感じですか?安倍さん?

台風台風台風台風台風
imagesKSFWNZED.jpg
嘘 しか つかない自民党

台風台風台風台風台風
崩壊していないビルが映っているのに・・・
imagesDU5127XM.jpg
ビルが崩壊した!と伝えるBBCのニュース。
アメリカ同時多発テロ 911 にて
BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell BBC Reported Building 7 Collapse 20 Minutes Before It Fell 筋書があったのですね。 時間を間違えて読んじゃいました。 ってこと。 このニュースの後、ビルはちゃんと崩壊したので、結果オーライ? ふざけるな!! だから、メディアは、信頼してはいけないのです!!
しかも、WTC7は、 自由落下の速度でスピード崩壊。 WTC7_640W.gif
飛行機突っ込んでないのに、なんで??
明らかに意図的な爆破としか考えられませんね(金融事件の証拠隠滅工作と思われます)
人の命より金儲け。なんでもありか!!CFR!

台風台風台風台風台風
内海聡先生による 薬の話
内海聡医師による断薬セミナー
薬によるb層支配を知るべきです。命にかかわる問題です。

台風台風台風台風台風
当ブログ おすすめ著書
mmm.png
おすすめ著書はこちら


台風台風台風台風台風
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。